トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

復活の朝

4月4日の日曜日はイースター、復活祭です。
イースター前の一週間は受難週で、イエスのことを覚えつつ過ごします。
日曜日は、イエスがエルサレムへロバの子に乗って入場、棕櫚の日
月曜日は、エルサレムの神殿で宮を清める
火曜日は,終末について教える
水曜日は、イエスの埋葬の準備としてマリヤがナルドの香油を注ぐ
木曜日は、弟子たちと最後の晩餐をし、また弟子たちの足を洗う洗足木曜日
金曜日は、ゴルゴダの丘で十字架にかけられ、墓に葬られた
土曜日は、安息日
日曜日は、週のはじめの日にイエスは甦られた、墓は空っぽになっていた

イエスが甦られた、復活されたのです。
多くの人が『ありえない』という。
しかし、これを信じた者は同じように復活することが約束されている。
これを証明しようとするのが科学者、いろいろ深く考えるのが哲学者、何かを感じとるのが文学者、信じるのがクリスチャンであると聞いたことがある。
この復活こそがクリスチャンの希望です。
ヨーロッパや北アメリカでは長い冬が終わり、草花や木々が芽吹き命を感じる季節となるので、卵を命の復活の象徴として飾り祝います。
私たちも教会学校で、卵探しなどして祝ったことですが、今年はコロナ禍のためおあずけです。
心の中でイースターを喜び祝います。


「驚いてはならない。時が来ると、墓の中にいる者は皆、人のこの声を聞き、善を行った者は復活して命を受ける。」
ヨハネによる福音書5章28節

DSC05248.JPG

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.