トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

読書の秋に

DSC05567.JPG

天高く読書の秋です、聖書を読んでみよう。

『聖書はこれまで発禁にされ、燃やされ、嘲られ、愚弄されてきた。
学者たちは馬鹿げているとあざ笑い、王たちは違法の烙印を押した。
聖書を葬らんとして、幾度もくりかえし墓が掘られ、葬送曲が奏でられたが、聖書が墓にとどまることは決してなかった。
聖書は単に不朽の命を得たばかりではなく、全世界に普及した。全歴史を通して最も多くの人に読み継がれてきた書物であり、長年、世界中でベストセラーとなっている。
それを説明するすべは、この地上にはない。あるいは、説明できないというのが唯一の説明といえるかもしれない。
なぜ、聖書がそれほどまで読まれてきたかといえば、聖書の永続性は地上の土台に立っているものではなく、天に根ざしているからだ。
聖書の主張を試し、聖書が約束するものを要求してきたおびただしい数の人々にとって、答えはひとつしかないーー聖書は神の書物であり、神の声だということだ。
聖書の目的は、神の子どもたちを救おうとする神のご計画と、熱い愛を明らかにすることだ。
それが、この本が何世紀も続いて読み継がれてきた理由である。
それは、神の最高の宝物ーー永遠の命に導いてくれる宝の地図なのだ。.
(マックス・ルケード著「みことばの宝石」より)


「初めに言(ことば)があった。言は神とともにあった。言は神であった。」ヨハネによる福音書1章1節

コメント

こんばんわ
地球上には信仰を持つ人達が多いのでしょうね。入社以来親しくしていた連れの同期の人の葬儀は教会でした。参列した仲の良い人たちは誰も彼がクリスチャンだったことを初めて知りました。退職してからも年に数度も会っていたのでした。連れはどうして黙っていたのかなと。。。。少しショックだったようです。

Dekoさん
キリスト信仰はとても良いものです。
しかし、日本にはクリスチャンは百人に一人と言われていますので少数派です。多数決や声の大きい人が有利な社会ではなかなか意見を述べにくいことはあります。特に牧師や宣教師のようにキリストを伝えることを唯一の生業としている人以外は、自ら信仰のことを口外しないのが日本の社会のようです。ビジネスや政治の中にはさらに持ち込まないようにしているようです。お友達も信じるものが違うことで友人関係を壊したくなかったのかもしれません。ただはっきり言えることは、最後までキリスト信仰を持っていたことで、今は天国で安らいでいることは確かです。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.