« 2020年1月 | メイン | 2020年3月 »

2020年2月26日

春が来る

私は、ウイークデイは午前中、畑仕事を楽しんでいる。
今年は温暖化で冬がないような暖かい日々が続き、春の野菜類も成長が早いです。この温暖化に影響を受けて春先に植える野菜、ジャガイモ等の準備を早める必要を感じている。
今年は、例年のメイクイーン、キタアカリ、男爵に加え「アンデスレッド」という品種を植えてみようと思う。これは外皮が赤く中身が黄色でとても綺麗で、甘みもある品種。収穫時が楽しみです。

世界中で、新型コロナウイルスの猛威に人々が戦々恐々としている時、のんびり畑仕事ができ、人ごみの中に行かなくて良いのは助かります。日本政府は初期の感染防止に失敗しているが、今からでも遅くないので徹底的な感染防止対策を打ち出し一日でも早い終息を願っています。


「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。
古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。」
コリント他人への手紙Ⅱ 5章17節(新改訳)


72CA4AE0-3C25-4B4A-A21B-431734A959C9.jpeg

大山に雪が降った時もあったが、すぐ消えた


AD972234-FE93-41AD-AB59-C706AAC1EE5A.jpeg

畑作業も忙しくなって来た


.

2020年2月15日

万座スキー2020

今年も恒例の万座で温泉とスキーを楽しんだ。
中学時代の同窓生4人(3人は神奈川県から一人は静岡県から)の3泊4日のスキー合宿。
我々は、もうすぐ77歳になろうとしている後期高齢者なので、スキー中の怪我や事故を気にしながらゲレンデに立った、いわゆる腰が引けていた。
ところが、スキー場で見かけた高齢女性のスキーヤーと宿舎で話す機会があり、なんと84歳とのこと。我々もまだまだスキーをエンジョイできるんだと大いに励まされた。
今年は雪が少なかったのだが、幸いに前日の10日は猛吹雪でゲレンデは量といい、上質の最高の雪だった。
誰も怪我なく過ごせた。感謝。
また来年のために筋トレを始めよう!


「その夜、主はパウロのそばに立って言われた。『勇気を出せ。エルサレムでわたしのことを力強く証ししたように、ローマでも証をしなければならない。』」 使徒言行録 23章11節

807E0130-E2F4-474F-BA0D-E1086C7AA4A5.jpeg

プリンスホテル前のゲレンデにて


454938BD-27B7-453A-A2B2-1FC589A249D8.jpeg

ホテル聚楽への途中


B04DF032-A76C-4A64-A06A-F8760A988133.jpeg

日進館のレストランからの氷柱(ツララ)

Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.