トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

あなたもどうぞ!

息子たちがまだ学生だった頃、次男がアメリカにホームステイで短期留学したことがあった。帰国後お世話になった方に何かお礼をしたいと言ったら、「私たちにではなく、他の誰かにそれをしてあげてください。」と言われた。

日本では、お世話になったらその人にお礼をすることが常識で、しなかったら無礼者と思われて以後の付き合いがギクシャクします。日本の生真面目さの表れか?アメリカのそのような考え方を、広い心だと感心したことがあります。

後ほど、ホームステイの家の方のそれは"Pay it foward"(ペイフォワード)という考え方で、映画を見て知った。自分で受けた善意を相手に返すのではなく、別の三人に渡すというものです。
社会の良いものが循環し、広がっていくシステムでとても良いことです。
最近、お葬式などでの香典返しの代わりに、どこそこに寄付しますということがあるのを知りました。
私たちの間で良いことの時も、いろいろな場面で流行るといいなと思います。


「行って、『天国は近づいた』と宣べ伝えなさい。病人を癒し、死者を生き返らせ、らい病を患っている人を清くし、悪霊を追い払いなさい。ただで受けたのだから、ただで与えなさい。」
マタイによる福音書10章7、8節


4E12F3B8-6CE8-4919-9ACC-A94E851F9266.jpeg

農家も一年の収穫、稲刈りも終えて冬を待つ

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.