トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

おめでとう、結婚!

今年は暑い夏がいつまでも続いて、曼珠沙華(彼岸花)もお彼岸が過ぎてやっと咲き始めた。しかし、確実に季節は移り、朝晩は秋らしくなってきた。
そして、結婚式のシーズン到来です。

結婚、それは人の一生の中で極めて重要な出来事だ。
膨大な記事の聖書に、創世記の一章では天地創造が記され、 二章にすでに結婚のあり方が記載されている。聖書の中でも重要なこととして書かれている。

創世記2章18〜24節
「主なる神は言われた。
『人が独りでいるのは良くない。彼に合う助ける者を造ろう。』
主なる神は、野のあらゆる獣、空のあらゆる鳥を土で形づくり、・・・・・
人はあらゆる家畜、空の鳥、野のあらゆる獣に名をつけたが、自分に合う助ける者は見つけることができなかった。
主なる神はそこで、人を深い眠りに落とされた。
人が眠り込むと、肋骨の一部を抜き取り、その跡を肉でふさがれた。
そして、人から抜き取った肋骨で女を造り上げられた。主なる神が彼女を人のところへ連れてこられると、人は言った。
『ついに、これこそ
わたしの骨の骨
わたしの肉の肉
これこそ女と呼ぼう
まさに、男から取られたものだから。』
こういうわけで、男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる。」

神の作られた。鳥は空を飛び、馬は地を速く走り、牛は重い荷物を運ぶことができた。しかし動物では人と会話したり、人の心の空洞を埋めるものとならなかった。
そこで神は、人を深い眠りに落とし、(人の好みや、知識で判断できない状態)
男の肋骨から女を創られた。これこそは肉の肉、骨の骨である。
すなわち男と女の出会いは、神が合わされたものであり、一体である。
それゆえ、神が結びあわせてくださったものを、人は離してはならない。

また結婚式という儀式は、もちろんお爺ちゃん、お婆ちゃんはじめ家族、親族に美しい姿を披露したり、喜びを分かち合ってもらうことも大切だが、神と人なる証人の前で堅い約束をすることも重要。
さらに「こういうわけで、男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる。」この奥義は深い。

B2F58376-D118-4FCB-86C7-C186F0263DE1.jpeg

公園の脇に咲く曼珠沙華


68D73775-420F-47E7-8E82-CD8DFC01F19C.jpeg

結婚おめでとう!


コメント

おはようございます。たくちゃん結婚おめでとうございます。二人で新しい人生を築いて仲良くやってくれれば一番ですね。なんだか10月は慌ただしく過ぎ昨日のラインを見て初めて知り此方へでした。上旬は北海道へその後日本列島を台風が襲い被害にあわれた方々当事者を思うと胸が痛みます。自然の脅威にはなすすべもないですね、。

デコさん
ありがとうございます。
暑かったのが急に寒くなり驚いています。東北や長野の被災地の人々は寒さ対策で大変だと思います。もう少し若ければ何かお手伝いができるのですが、今は自分の体調管理で精一杯です。祈るだけです。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.