トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

新しい野菜、コリンキー

CB7CF7E6-58EE-42B6-894B-57277C6BDFB1.jpeg

収穫寸前のコリンキー


408CCD34-B378-4177-8282-1BB15F6D391E.jpeg

中はまだタネが未熟なまま、わたは取り除く


数年前から畑でコリンキーを栽培している。コリンキーは「サカタのタネ」が近年開発したカボチャの一種。、
今年は特に豊作で、毎日500g〜1kgのものが1〜2個採れる。
しかし、まだ市場に認知されていないのか、食べる人が多くない。
普通かぼちゃは、収穫してから2〜3週間熟成させて甘みが出てから食べる。
実は、コリンキーはかぼちゃの仲間ですが採れたてを生でサラダとして食べるのがベストです。サラダかぼちゃとも言われている所以です。
皮も柔らかいので、皮ごとスライスして、塩コショウして、オリーブオイルをかけるのが一般的。
我が家は、塩胡椒の代わりに塩昆布であえてオリーブオイルをかけて食べる。とても美味しい。そのほか、酢漬けにしたり、ポタージュにしてもいけます。

栄養的には、ベーターカロチン、ビタミンC、ビタミンEそして食物繊維など豊富に含んでいるので、アンチエイジング効果があるとされている。
おすすめします。


「人は、たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったら、
何の得があろうか。」 マルコによる福音書8章36節

コメント

コリンキー市場にはあまりでまわっていませんねん。まだまだ珍しい野菜ですね。H時代の息子の親しい友人サカタのタネに色々商品開発にも携わっているのでしょう。アンチアイジング早速見つけたら試してみたいです。

デコさん
サカタのタネは私にとってお気に入りのスポット、ショップです。
年に何回かは横浜のサカタのタネに行きます。変わった花や、タネなど何時間も見ていて飽きないほどです。特に横浜に出たときは可なら行きます。
今ちょっと心配していることは、結論を言うと今年4月からタネを自家採種してはいけない法律が施行されました(種子法の廃止)。日本のコメが将来消えて、米国モンサント(現在ドイツのバイエルンに買収された)から買うことになります。大きな問題が公にされないで政府で決められています。

こんにちわ
沢山のお野菜有難うございます。有機栽培どれも美味しいです。コリンキー始めていただきますが玲子さま曰アンチエイジング効果がありとの事なのでせっせといただきます。半分はピクルスにあと半分はワイン煮の中に入れようと思います。トマトも完熟毎日新鮮なお野菜を頂ける玲子さまは嬉しいですね。
熱中症にはご用心くださいね。

デコさん
コリンキーのワイン煮は美味しそうですね。
妻も作ってみようかと言っています。
美味しいものがどんどん増えるのは嬉しいことです。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.