トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

桜の春に憂う

桜の季節です。
相模川の三川公園の桜はまだ2分咲き位かな!
週末は多くの花見の人々で賑わうことでしょう。
しかしこの国の政治の腐敗、借金財政の経済、軍事拡大を知ると宴会で楽しんでいられようか!


DCFD8F18-5E85-4B19-9645-05429B530537.jpeg

桜に朝日が差している


D43A5E03-7D72-4FF5-8248-108BD87E0D79.jpeg

堤のシバザクラ


474FD905-D3AC-422E-83BE-0E59F27F9F02.jpeg

鳩川に垂れてる桜


「祝宴の家に行くよりは、
喪中の家に行く方がよい。
そこには、すべての人の終わりがあり、
生きている者が、
それを心に留めるようになるからだ。」 伝道者の書(ソロモンの言葉)

コメント

こんばんわ
あっという間に桜の季節も過ぎ去ってゆきますね。先週津久井湖の裏山を歩きさくらを楽しみました。日本人が将来を考えなくなっているように感じています。一緒のグループでも考えはまちまちで右から左です。もう先が見えている面々ばかりです。昔話をしてもなんだかなあとという思いでした。

Anonymous さん
日本人は桜が好きなように、何も考えずパッと散るのが性に合っているのでしょうか?
全てのメディアが連日サクラ報道で大切な報道を忘れているようです。
あるいは故意なのかと疑うほどです。
先が見えている人たち?は達観しているのでしょうか。聞いてみたいです。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.