トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

原点は

天候が毎日目まぐるしく変わるけれども、確実に春になっている。
昨日はジャガイモ、(メイクイーン、キタアカリ、男爵)を植えました。
畑の作業も結構毎日増えているが農作業はとても楽しみです。
そして心が落ち着くのです。

ふと、なぜ、いつから楽しみになったのかと考えた。
小・中学生の時、鶴見に住んでいた。その頃すでに植物が好きで庭にこんもり山を作り、いろいろな植物を植えていた。
思えば小学2年の時一年間、家庭の事情で私一人が長野の農家の父の親戚にあずけられた経験があった。都会(横浜の鶴見)では味わえない、田んぼや畑、山での生活を体験した。学校では転校生ということで友達がいないし、馴染めなかった。しかし畑や山に行くと自由と開放感があった。(当時言葉では表せなかった)
田植えから稲刈りまで、また秋には山に行って松茸狩りなど、子供ながらいつもワクワクしていたことです。
最近、長野出身の人が県の歌を歌えると聞き、ハッと約70年前、長野での小学2年生の時の農的生活の楽しい思い出がフラッシュバックし、心が温かくなった。これが私の農作業を楽しむ原点だと確信した。


「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。 休ませてあげよう。」 マタイによる福音書11章28節


72F3006D-9632-4D16-ACE2-437A3FE6F2B6.jpeg

満開の菜の花


72EA64DE-1D7B-4AB8-9F16-31AF51E0421C.jpeg

スナップエンドウの花が咲き始めた、もうすぐ豆が取れる

コメント

やっぱり、神様が与えた仕事は、本来は楽しいものなんでしょうね。

William さん

疲れたら、畑にきて休んでください。
神を賛美すると、苦しいと思われることも楽しみに変わるのかも。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.