トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

感謝と待望と

収穫感謝が終わると、クリスマスを待つ喜びの日々が始まる。
11月22日が収穫感謝、23日が勤労感謝の日そして12月2日(日)からクリスマスを待つ、アドヴェント(待降節)が始まる。
今年は家族のなかにも色々な問題があった年でしたが、畑の収穫の恵みへの感謝とイエスの誕生を待つ喜びが全てを希望に変えてくれるのが嬉しい。
クリスマスキャロルを聴きながら、夜なべで黒豆を鞘から外し選別するときはこの一年を振り返る静かな時でした。


「しかし、憐れみ豊かな神は、わたしたちをこの上なく愛してくださり、その愛によって、罪のために死んでいたわたしたちをキリストと共に生かし、ーあなた方が救われたのは恵みによるのです。ー」
エペソ人への手紙2章5節


CD8DFE58-B2D6-4279-A2F0-0D64E9FE8073.jpeg

前年のこぼれ種からの唐辛子がそろそろ収穫期か


286433AC-8343-4609-9E53-BE8FE4C3312E.jpeg

団地の桜の落葉
木枯らし一号が吹いたらケヤキの落ち葉を集め、畑のために腐葉土作りをします。

02729DFC-58C6-4C4B-894F-3A4BF6BC27F9.jpeg

海老名図書館もクリスマス本でコーナーを飾っている

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.