トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

我が家のお気に入り

今年も夏野菜がたくさん採れた。
しかし、今年の夏は格別暑かったせいか、夏野菜の終わりが早く来たようだ。
第一がキュウリ、そしてトマト、ナス、オクラ、ズッキーニなどなど終わりに近づいている。それでも今もよく採れるものもある。

その中でも我が家の特にお気に入りは、ゴーヤとコリンキーだ。
ゴーヤはグリーンの時はチャンプルにしたり、サラダにして食べるが黄色く熟したものはジャムにしている。ほろ苦くて美味しい。
コリンキー(サラダかぼちゃ)は薄くスライスして塩揉みし、塩昆布と和えるのも良いし、特に厚めに切ってリンゴ酢に漬けたものは歯ごたえがあり、私は好きです。両方とも、ビタミン、鉄分、カルシウムなど栄養も豊富です。
(ちなみに女房殿が料理担当です)


「イエスは、わたしたちのために、命を捨ててくださいました。
そのことによって、わたしたちは愛を知りました。」
ヨハネの手紙第一 3章16節


9FE08702-3903-4CB1-B99C-82E00CF23C6A.jpeg

青いゴーヤと熟したもの


8846D10B-2FCF-4C18-B819-76D8289ADD64.jpeg

ソフトボール大のコリンキーとリンゴ酢漬け

コメント

こんにちわ
秋風が吹いてくると夏野菜もそろそろ終わりなのですね。新鮮なお野菜を色々工夫して美味しく調理してくれる奥様がいてこそ野菜も生きるのでしょうね。きれいな色合いのゴーヤですね。コリンキーは新種の野菜?スーパーなどでは見かけませんね。酢漬けにするとピクルスに似たようになるのでしょうね

デコさん
植物は季節をとても敏感に感じているようです。最近ピタリとトマト、キュウリ、ナス等の夏野菜が実をつけません、終わりのようです。
たしかに、朝方空を見るともう秋のすじ雲が出ています。
女房殿はもう野菜に追われる事なく、ホッとしているところです。
秋の畑にはまた別の楽しみ(収穫だけでなく冬への仕込みの畑仕事)があります。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.