トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

最近の良書

アメリカの著名なクリスチャンジャーナリスト、フィリップ・ヤンシーの最新作「ソウル・サバイバー」を読んだ。
著者もキリスト教会と神を拒絶していた時があったと。
その著者が人生の旅で、直接あるいは間接的に大きな影響を受けた13人について書かれている。キング牧師、トルストイ、ドストエフスキー、ガンジー、ナーウエン等々の人々の中に日本人として唯一人、遠藤周作がいる。
彼の「宗教の有害な影響から、信仰を私に取り戻させてくれたものは何なのか。(本文)」に答えてくれる一冊である。

「しかし、わたしたちがまだ罪人であったとき、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神はわたしたちに対する愛を示されました。」ローマ人への手紙5章8節


B7FEE958-3701-4359-8AC4-A22C4F2012B3.jpeg

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.