トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

屋久杉ランド

バス停で居合わせたスイスから来たという30代くらいの女の子は、ひと月35日雨が降ると聞いてきたとジョークを飛ばしていたほど、屋久島は雨が多いので有名です。幸い私たちが来てから2日間は晴天で、深夜の空には満天の星。
少し予定を変更して、天気が良いうちにと「屋久杉ランド」に行ってみた。
私達はいつものパターンで公共のバスに乗って行った。港の安房から「屋久杉ランド」入り口まで、何と1000mを登っていくのだが、乗客は私たち夫婦と大学生風の男の子とたったの3人で大型バスを貸し切ったような格好でした。
町での気温は13~15度位で日射があり少し汗ばむ位だった、バスを降りたらかなり寒く完全冬支度が必要でした。これが屋久島の特徴(1日のうちで夏も冬も味わえる)のようだ。木立の間、木道や川越の吊り橋を渡る30分のウオーキングコースで森林浴を満喫。


「ヒラムはソロモンの言葉を聞いて大いに喜び、『きょう、主はあがむべきかな。主はこのおびただしい民を治める賢い子をダビデに賜わった』と言った。 そしてヒラムはソロモンに人をつかわして言った、『わたしはあなたが申しおくられたことを聞きました。香柏の材木と、いとすぎの材木については、すべてお望みのようにいたします。』」
‭‭列王紀上‬ ‭5:7-8‬ ‭


2017-03-07 09-30-25.jpg

島の南側、中間の海岸


2017-03-07 14-19-23.jpg

屋久杉ランドの入口


2017-03-07 14-24-06.jpg

千年杉


2017-03-07 14-40-46.jpg

吊り橋、清涼橋

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.