トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

2016年の大晦日に

クリスマスの後しばらく静かな時を過ごし、一年を振り返った。
世界情勢を考えると、欧米もアジアの国々もなんとなく戦前に戻っているような状況を感じるのは私だけではなさそうである。
日本に目を向けるなら、熊本地震,東京オリンピックや豊洲移転問題、高速増殖炉もんじゅの廃炉、世界で唯一の被爆国、日本が核軍縮に反対している等など多くの問題があった。
もんじゅの廃炉決定により、日本の原子エネルギーサイクルは壊れてしまっているのに政府はまだ青森六ケ所村で使用済み核燃料の再処理をしようとしている。
また福島第1原子力発電所の廃炉作業、賠償に多額の費用を費やすことになり、その費用の一部を国民に負担させる。倒産するべき電力会社は利益を出し、経営者はじめ社員は何ら責任を取らない。おかしなことがまかり通る社会となってしまったような気がする。
原発の危険性、不採算性などを知らなかったとはいえ推し進めてきたことに、反対の声を出さず、何の抵抗もしなかったことなど私達世代の責任も重いと感じ、これからの世代の人々に対し謝罪し反省すべき事だと思った。
さらに自分たちが選んだ政治を行う人達が、国民の思いとことごとく反対方向への政治をしているようだ。そして政治を行うトップの人達がウソ、詭弁を平気で語る。
このようなことを考えると、何も出来ず憤りただ神に祈るばかりだ。
新しい年は平和で住みよい社会になることを祈る。


「イエスは彼らをじっと見て言われた。『それは人にはできないことです。しかし、神にはどんなことでもできます。』」
                   マタイによる福音書19章26節

綿の実.jpg

畑のコットン、妻がこれらを集めて孫に何か作ろうとしている


綿つぼみ.jpg

綿がはじけ出る前のつぼみ

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.