トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

畑の冬支度

畑も冬支度が始まった。
主な仕事は、豆(鞍掛豆、小豆、黒豆)の刈り取り、豆はサヤが枯れて風にカラカラと豆の音がするまで放置する。そして枝ごと袋に入れて叩くと豆が落ちて収穫です。(目下乾燥中)
もう一つの作業はタマネギの苗を植えること。今年は天候不順のせいか、JAでも苗がなかなか手に入らずヤキモキしたがやっと得られ、植えた。
特に今年は早生のタマネギ(4月ごろ収穫の白玉)と保存用(6月収穫、12月まで可能)そして赤タマネギの3種類を植えた。合計約200本。
もちろん両方とも健康食品の代表格で、豆は畑の肉、タマネギは血液サラサラに効果ありです。
そして残るのは、落ち葉集めです。
来年の堆肥作りです。先日老人会(ゆめクラブ)定例地域美化デーで集めたケヤキの落ち葉を頂いた。更にこれから落ちる枯れ葉を集め米ぬかをかけて発酵させます。
この一連の作業が終わるともうクリスマス、正月を待つばかり。


「思い煩いは、何もかも神にお任せしなさい。神が、あなたがたのことを心にかけていてくださるからです。」
ペテロの手紙第1、5章7節


黒豆乾燥.jpg

豆の乾燥作業中


タマネギ畝.jpg

玉ねぎの定植が済んだところ


コメント

この寒い時期でも季節季節の手順作業があるのですね。作付け作業手帳があるのでしょうか。苗が整然ときれいに植えられていますね。枝豆を乾燥させているのですね。黒豆でしょうか?

でこさん
毎年している百姓仕事ですが、さらに季節の自然や環境(店やに苗が出品されたり)が教えてくれます。
さすがです、干しているのは黒豆です。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.