トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

お茶会で

今日、隣町の本厚木に住む義理の弟NYとお茶会です。といっても喫茶店ベローチェで聖書(詩篇81編から100編まで)を読んだのです。
義弟は数年前体調を壊し、もう65歳も過ぎてたので仕事はしていませんでした。彼は日本の政治(かつては国政選挙の手伝いなどもしたことがある)に関心があり、政界にとても詳しい。クリスチャンではありませんし聖書も読んだことがなかったので、一度読んでみたいということで、数年前から月に1度この喫茶店で一緒に聖書を、初めの創世記から順に読んでいる。
朝10時から少し日常の雑談などして、12時までひたすら1章づつ交互に聖書を読みます。中間にコーヒーをもう一杯もらったりトイレタイムを取り、大体20章ぐらいを読むことが出来ます。説明やコメントなど一切無しです。そしてランチを食べに行くというのがいつものパターンです。
ある時、ヨブ記を読んだ後のランチ時に「ユダヤ人は2000年以上前にこれ程の文章を記録し、学んでいるなんてすごい」と感想を漏らしていた。まだ読み始めて最期まで読んでいません(今まで3分の2位読んだ)が、これからもいろいろの発見があることでしょう。私にとっても聖書は宝の山です。

「聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。」
                 テモテヘの手紙第2,3章16節

お茶会.jpg

ベローチェのコーナで義理の弟とのお茶会


パパイヤ.jpg

畑のパパイヤ、冬が来る前に採れるでしょうか

コメント

義弟さんと楽しい有意義な時間を持っているのですね。
色々な話にも花が咲いている事でしょうね。
畑のパパイヤ見事ですね。冬が来る前にオレンジ色に色着いてくれるといいですね。写真で見た限りでは大きな大木に曽田っつていますね

グリーンパパイヤですが、先日軽く塩もみしてホワイトバルサミコ酢でいただきました。いまいちです(夫には内緒です)
S'pore滞在時、お庭に美味しいパパイヤの種を投げておくと、あっという間に大木になり実をいっぱいつけてくれたものでしたが、海老名の地では、大きくなるのにも時間がかかって、今日の寒さではもう無理でしょうね。
夫は、昨年のリベンジとやらで情熱を燃やしていましたが。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.