« 2016年7月 | メイン | 2016年9月 »

2016年8月31日

夏の終わりに

台風10号が去った。関東、海老名 は大きな被害もなく一 安心。
今年の暑い夏もいろいろな事があった、参院選、都知事選、甲子園高校野球、リオ・オリンピック、熊本地震、終戦記念日、天皇陛下の「生前退位」発言、津久井やまゆり園事件等々。
とりわけ、津久井やまゆり園事件は重苦しく、悲しい事件だった。
それは、即日本の社会を反映していると思われるからだ。
経済最優先の社会では効率第一、利益至上、実力者が高価値有りと考えられ、「障害者は生きていても無駄」という考えになるから。
私も、もうすぐ後期高齢者となり病院通いをしたり、老人ホームに入り世に何も貢献できない者(すでに無用者かも?)となる可能性大。また誰でも事故や病気で障害者となり得る。
明治初期、日本は欧米に追いつけと富国強兵政策がとられ、進化論(弱肉強食、自然淘汰)を是とする社会ができた。以来メディア(NHKにおいても)、教育、政治の場において進化論をベースに物事が進んでいる。戦後「優生保護法」なる法律ができ、まさに優良児のみを育てようという時代もあった。
人は、進化論による適者生存(何か出来るから価値があるとする)で価値があるのでなくて、一人一人神様によって作られた作品であるから、何もできなくても尊いのです。
夏も終わり秋の涼しい風が吹いてくるこの時、一層人(の命)の尊さを思う。


「わたしの目には、あなたは高価で尊い。
わたしはあなたを愛している。」
イザヤ書43章4節

2016-08-31 10-05-36.jpg

オクラの花、まだ取れる


2016-08-31 10-06-08.jpg

ゴーヤの花、こちらも最盛期


2016-08-31 17-51-22.jpg

秋の空、日の入り時


2016-09-01 05-40-50.jpg

雲も秋雲

2016年8月15日

JTJ学友会に出席して

8月11日、年に二回ぐらい行われるJTJ神奈川学友会の日、出席者は9人。
JTJ宣教神学院の卒業生、在校生の交流の場です。
日本全国で2千人超、神奈川県だけで200人ぐらいの卒業生がいます。
以前からも出席率は良い方ではありまtせんが、最近、学友会総幹事が体調不良のためその職を辞したため、連絡が十分取れなく出席者は極めて少なくなっている。更に、出席率が低迷しているのは会自身のの魅力でしょうか。
しかし、会の本来の目的は宣教や活動を知り励まし、応援することです。
もちろん会で、賛美で主を褒め称え、お互いの信仰を確認しあう事も必要ですが、それぞれの活動を知り、祈り合い、何か助けや協力が必要ならば出来る範囲で協力する体制作りも必要ではないか。或いは、出席率が低迷していることは各自が満足しているという事で良いことなのでしょうか?

今回、出席者中で初めての方も数人おられました。UIさんは週の3日くらいは床屋業をしながら、JTJ神学校でイスラエル史を教えたり日曜日教会に招かれメッセージしたりしているとのこと。またMAさんは教会の長老として組織の中で宣教している。KKさんは世界で4000万部以上のベストセラー「5つの目的」の日本語出版社代表をし、弟子訓練の講座をもっている。KKさんからはデイサービスの事業の難しさ等、 が報告されました。
話題の一つに、ハウスチャーチのことを聞きたいという質問があり、今日今ここで毎週日曜日、6〜8人(JTJ卒業生及び在校生が4人もいる)が集まって自由な、形式ばらない礼拝をしていること、ハウスチャーチについて短く説明しました。一度出席してみたいという声もありました。感謝です。

予約の(10時〜12半)2時間半はあっという間に過ぎ、ランチを共にし続きを語り合い良き時でした。

2016-08-11 12-27-19.jpg

2016年8月 1日

暑中お見舞い

暑中お見舞い申し上げます。

2016-07-30 05-40-33.jpg

梅雨が明けて、イネに朝露がキラキラ


2016-07-30 06-33-19.jpg

田植えから2ヶ月、田んぼは一面緑のジュータン


2016-07-30 06-04-30.jpg

ひまわり、真夏の花の王様

Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.