トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

マニラよりの便り

マニラの日本語キリスト教会(MJCC)から数カ月に一度便り(ニュースレター)が送られて来ます。マニラから帰国してすでに十数年経っていますが、私達もかつてマニラ日本語教会のメンバーでした(すなわちOB)ということでニュースレターをいただいています。
今回の記事は昨年のクリスマスのことやモンテルパ刑務所訪問等、いろいろな記事がありましたが、最期のお知らせの欄に、ジュン・グリフィス師(元MJCC牧師)が今年の1月末~2月末まで、イギリスからマニラに来られて礼拝説教の奉仕をされるという記事に目が止まり、うれしかった。
というのは、マニラの奉仕後必ず日本に寄って(福島にいる息子さんに会いに来られる)下さるので、私達もお会いすることができるということです。(神学校の学びの一環で、1年間インターンとして礼拝説教の指導していただいた私の恩師です)
3月ごろお会いできるという、「楽しみの予定」があるのは本当に嬉しいことです。


「あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている。」       ヨハネによる福音書16章33節

昨年、2015年は5月に日本に来られ、お茶の水の集会で説教しされた時のみ言葉です。


ジュン先生.jpg

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.