« 2016年1月 | メイン | 2016年3月 »

2016年2月28日

春のおとずれ

風は肌を刺すほど冷たいが、一雨ごとに春がおとずれている。
そして畑の植物は確実に春の訪れを告げている。
枯れ葉の中からエンドウ豆が芽が出し、また、昨年咲いたカモミールやレースフラワー(?)の種が落ちて今年も知らないうちに芽を出している。
全ての人に春は希望、すぐ近くに来ている。


「見よ、新しいことをわたしは行う。
 今や、それは芽生えている。
 あなたたちはそれを悟らないのか。
 わたしは荒れ野に道を敷き
 砂漠に大河を流れさせる。」       イザヤ書43章19節


エンドウ豆.jpg

枯れ葉の中から芽を出したエンドウ豆


レースフラワー?.jpg

昨年咲いた花(レースフラワー?)花の名前が不明だが葉がレースのようだから


レースフラワー.jpg

落ちた種から芽が出た、レースフラワーの苗


カモミールの苗.jpg

ジャーマン・カモミールの苗も元気だ

2016年2月21日

万座スキーキャンプ

恒例、3人の中学校同窓会3泊4日(正味2日)の万座スキーキャンプに行った。
YYさんが企画及び予約等全て準備してくれるのでありがたい。
そして定宿は万座温泉ホテル日進館で、海抜1800mに位置し、たくさんの温泉があり飽きないところです。また万座温泉は世界4大長寿の里の一つでもあるとのこと。
さてスキーについては、それぞれ昨年より体力の衰えを感じながらスロープを滑っていたと思う。過去1年間、体を鍛えたはずだが、やはり衰えは隠せない。
2日間とも快晴の良い天気だったが、スキーは1日目だけで暗黙の了解のうちに2日目は温泉に入ったり、日進館周辺の散策を楽しむことになった。
食事もバイキングスタイルで結構種類が豊富でおいしく毎回楽しんだのでした。
ともかく今年も事故や怪我なくキャンプを終えホッとしている。

「そして、モーセが荒れ野で蛇を上げたように、人の子も上げられねばならない。
それは、信じる者が皆、人の子によって永遠の命を得るためである。」
                           ヨハネによる福音書3章14,15節

さあー滑るぞ.jpg

第5ゲレンデのリフトを降りたところ(頂上)で


林間コース.jpg

動物の森コース(林間)をゆっくり滑るのも楽しい


露天風呂.jpg

露天風呂の極楽湯で骨休み、なんとも言えない心地よさ


こんにちわ.jpg

宿泊している日進館のそばで、ウサギが雪の下の草を探している(誰かが餌付けしている?と思えるほど人なつこい)

2016年2月13日

The Voice of Adventure

みことばの宝石(マックス・ルケード著)の2月13日の聖書のみ言葉は、

ルカによる福音書17章33節
「自分の命を救おうとするものは、それを失い、
  それを失うものは、保つのである。」(口語訳)
『あなたの人生の目標は長く生きることではなく、より良く生きることだ。
冒険への声に耳を傾け、あなたの心に火を付け、神に駆り立てられる思いに従うのだ。もちろん安全とはいえない、しかし全く安全な人生などはない』と。

長く祈ってきた(ハウスチャーチをもっと広く伝えたい)。そのために最近一人の同労の友(KKさん)が現れたことは大きな喜びです。
今まで何人かの人と活動してきたが、ある者は既存の教会の枠組みから出られず、またある人は勤務がありフリーに活動できるまで少し時間が必要、ある人は異性であったり、いろいろと条件が揃わなかった。
KKさんは同性であり、これから比較的時間にゆとりが出来、何よりもハウスチャーチを理解し且つ好意を持っていることが嬉しい。
私も長く生きることが目的ではなく、なんとか「福音(良きおとずれ)」が福音として、またキリストの教会(召しだされた者の集まり)が本来の教会として人々に理解されるよう最期の冒険への旅に出よう。


フロ―ズンいちご.jpg

畑のイチゴの苗が霜で凍っている、
もうすぐ冬眠から覚め、たくさんの赤い実を付けるでしょう


部屋内のコ―ヒ―.jpg

リビングルームのコーヒーの豆が少し色づいてきたようだ

2016年2月 4日

マニラよりの便り

マニラの日本語キリスト教会(MJCC)から数カ月に一度便り(ニュースレター)が送られて来ます。マニラから帰国してすでに十数年経っていますが、私達もかつてマニラ日本語教会のメンバーでした(すなわちOB)ということでニュースレターをいただいています。
今回の記事は昨年のクリスマスのことやモンテルパ刑務所訪問等、いろいろな記事がありましたが、最期のお知らせの欄に、ジュン・グリフィス師(元MJCC牧師)が今年の1月末~2月末まで、イギリスからマニラに来られて礼拝説教の奉仕をされるという記事に目が止まり、うれしかった。
というのは、マニラの奉仕後必ず日本に寄って(福島にいる息子さんに会いに来られる)下さるので、私達もお会いすることができるということです。(神学校の学びの一環で、1年間インターンとして礼拝説教の指導していただいた私の恩師です)
3月ごろお会いできるという、「楽しみの予定」があるのは本当に嬉しいことです。


「あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている。」       ヨハネによる福音書16章33節

昨年、2015年は5月に日本に来られ、お茶の水の集会で説教しされた時のみ言葉です。


ジュン先生.jpg

Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.