トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

思わしくない知らせ

借りている畑の返却(6月ごろ)の知らせがあった。
地主さんがどこかの企業に土地を売却するようです。
もともとこの畑を無料で借りていました。このような時は無条件で返却するという暗黙の約束でしたので、受け入れるしかありません。
しかし、時折「ふっと」寂しい思いがこみ上げてくるのです。
畑は私にとって創造的仕事場であり、憩いの場であり、人々との交流の場であったので、喪失感でしょうか。
むしろここ数年畑のもろもろの恵みを感謝して、お返しするのが筋であると思う。
そしてどこかほかに場所を探そうかと思ったが、夏の日照り時の水運び等考えると骨の折れることです。妻も「もう年齢的にも厳しいから少し休んだらとか、何か新しいことをしたら」と言っている。
何かほかのことをする時なのかもしれません。


「また、わたしたち信仰者に対して絶大な働きをなさる神の力が、どれほど大きなものであるか、悟らせてくださるように。」
                  エペソ人への手紙1章19節

明けの明星、金星.jpg

午前6時ごろ東南の空にひときわ輝く星(明けの明星)ー金星 (新しいカメラで)

コメント

おはようございます。今朝もワンコに起こされ又眠るまで側でつきあっています。そうなんですか。折角色々農業の事を学ばれ野菜の収穫も順調だったのに残念ですね。地主さんには畑を維持していけない諸事情があったのでしょうね。農地の税金は微々たるものなので事情(高齢)がない限りは手放されないのではないでしょうか?金星はひときわ目立つおほしさまですね。

デコさん
ワンコ(ごんた?)ですか、生き物のケアーは可愛い分大変ですね。ワンコも安心していることでしょう。
畑については本当に残念ですが、きっと何かほかに良いことがあることと思います。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.