トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

小さなクリスマス会

23日に横浜山手、竹の丸センターでクリスマス(イエスのご降誕)を祝った。
ハウスチャーチに参加しているメンバーとその知り合い、家族11名が参加した小さな、家庭的なクリスマス会だった。
ピアノ、ギター、マンドリンを弾く人達がクリスマスキャロルをリードしてくださり、歌ったり、ミニコンサートのようだった。そして持ち寄ったご馳走をいただきながら、一人ひとりクリスマスの思い出などを話したが、苦しい道を通ってきた人の話も多々あった。

私はジョンバンヤンの「天路歴程」を思い出した。
クリスチャンと言う名の青年が「滅びの町」を出て「天の都」へ旅をする。だが、いろいろな人に出会い誘惑され「天の都」への道からよく外れる。時には少々痛い目に遭うが、「ヘルパー」という助け人が正しい道に戻してくれるので、やっと「天の都」にたどり着くというストーリーです。

私達クリスチャンも聖人君主ではなく極めて普通の人間だから、間違いもあり、誘惑に負けることもあり、心が弱る時もあります。私は特に好奇心が強い(欲が深い)の危険な人生の旅です。ただ共に歩いてくださる「イエスというお方」がおられるので、本当に安心して道を進むことができる幸いを感じています。


「わたしがすでにそれを得たとか、すでに完全な者になっているとか言うのではなく、ただ捕えようとして追い求めているのである。そうするのは、キリスト・イエスによって捕えられているからである。」
                           ピリピ人への手紙3章12節


リース2015.jpg

我が家のリビングに掛けられた2015年のクリスマスリース(長野県姫木平の寺島信子さんの作品)とクリスマスカード


危険な旅.jpg

イギリスの宗教文学の古典、ジョン・バンヤン著「天路歴程」のアニメ版(中村妙子訳)

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.