トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

干し柿つくり失敗の巻

秋から冬にかけての恒例の干し柿作りをした。
半熟の干し柿を冷凍庫に入れ、解凍してデザートとして食べる。栄養もさることながら味といい、食感もとても楽しめるので毎年作っている。
今年は夏の暑さのせいか、干し柿用の渋柿が10月中旬にJAで売り出されていたので、早速買って軒下に吊るした。とても落ち着く眺めです。
1週間位は順調にしぼんでいったが、2週間位経った頃小さなハエが来るようになって、カビがでて来た。このところ暑い日が続いていたからです。
時期尚早だった(日記によると例年、11月初旬にこの作業をしていたのです)。
というわけで、残念だが今年はおいしい干し柿は食べられない。景色を味わうだけで良しとしました。


「何事にも時があり
天の下の出来事にはすべて定められた時がある。」
                コヘレト(ソロモン)の言葉3章1節

吊るし柿.jpg

この景色が嬉しい

コメント

やはり関東は気候が今一つでなかなかきれいに作れない事が多いようにですね。故郷の友人も今年はハエが来てしまい干し柿を駄目にしてしまったとの事でした。干し柿残念でしたね。

デコさん
生の柿はビタミンCがたくさん、また干し柿はビタミンAがたくさんとれるそうです。どちらにしてもベーターカロチンや食物繊維が豊富ですから健康食です。
柿が赤くなると、医者が青くなるといわれる存在です。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.