トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

日本国憲法を守る

「そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって・・・・・」(日本国憲法 前文)

70年間続いてきた平和憲法(戦争をしない)、その解釈がいとも簡単に曲げられた。
安倍首相の極めて個人的な思いにより、国民に十分な理解を与えないで安全保障関連法案を衆議院で強行採決をした。国民の大半がこの法案に反対している(信託を与えていない)のに。
私は日本国憲法は世界に類を見ない素晴らしい恒久平和憲法であると思っていた。それ故に日本人であることに誇りを持っていた。アジア(主にシンガポール、香港、マニラ)に30年数年駐在して仕事をしてきたが、過去の太平洋戦争でアジアの人々に多大な損害を与えて来たことを反省しつつも、以後の数十年日本国憲法のもと誇りを持って平和に貢献してきたつもり。(一たび、私達が海外に出ると誰でも日本を代表する日本人とみられる)
アジアの友人たちも日本の平和憲法、その理念と実績を認め、どこでも安全に、平和に、良い関係を作ることができた。今、その憲法が戦争のできる憲法となってしまいつつある。(いつまた戦争を始めるか分からない危惧あり)友人たちは私達をもう平和憲法を持つ元の日本人と同じとは思わないかもしれない。今まで培った良い関係、お互いに信頼し合う関係を壊す、そんなことがあってはならない。
今まだ手おくれではない、法案が衆議院を通過したが参議院での審議がある。
為政者の正しい判断のため、国民の思いが自由に表せるため、世界平和のため祈ろう。


「だれも健全な教えを聞こうとしない時が来ます。
そのとき、人々は自分に都合の良いことを聞こうと、好き勝手に教師たちを寄せ集め、 真理から耳を背け、作り話の方にそれて行くようになります。」
                     テモテヘノ手紙第2 4章3,4節


安保法案反対.jpg

(朝日新聞7月17日朝刊より) このデモに加わりたい気持ちです


コメント

本当にそうですね。今までの平和は憲法に守られてきたのですね。そんな事もお構いなしに勝手に解釈変更して戦争に参加できる国にしようとしている今の内閣与党でもまだこれから希みがあります。国民の多数が目覚めて抗議行動を起こしつつあるこの頃ですね。我が家の近所に家にも9条守れ戦争反対という張り紙が張られています。この処連日連夜意思表示をしました。大勢の若者が参加しています。少しずつ変化が見てとらえられます夏本番ですね。体調に気を付けてくださいね

デコさん
家で話していましたが、やはりデモに参加されていましたか。
私達はその行動力がなかった、残念です。
今回は若い人たちも行動しているようで心強いです。
私たち(デコさんを除く)年寄りは社会的に抗議行動するということに慣れていません。しかし、本当に声を出す時には出さないと大変なことになるのだと思います。
私達も何とか、どこか(横浜?)抗議のデモに参加したいと思っています。
確かに体調を万全にすることが大切ですね。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.