トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

人生の最終章は

半年以上前からスタートした海老名市の「在宅医療介護連携さつき町モデル事業」に参加しています。これまでに井戸端会議(住民が集まっていいたいことを言う)や講演会、アンケート調査等をして、まだ一部の人との間ですが少しずつコミュニケーションがとれるようになってきていることを感じています。
最終目的は、政府の経費削減のための在宅医療介護ですが、
私達住民としては気持ち良く、いつまでも住み慣れた自宅で生活したいというためです。

高齢者だから(それぞれ長い人生の中で、大舞台で活躍したり、美味しいものを味わったり、美しいものを見たり、世界を旅したり最高の経験をしている)人生の最終章を最高に過ごしたいと思う。そのグレードを下げることなく、さらに満足した時を過ごしたいと思って当然でしょう。

そのために、まず医療介護以前(あるいは並行して)に生活の小さな不便さに対応する必要があるようです。例えば、エレベータのない棟の5階に住む人の「ごみ出し」、一人住まいの高齢者の「電球交換」、足の不自由な人の「買い物」、認知症の人の「金銭管理」などなど。
生活の全領域でお互いに協力できるコミュニティーになるようこれから一層の努力が必要と感じている。


「同じように、わたしはあなたたちの老いる日まで
白髪になるまで、背負って行こう。
わたしはあなたたちを造った。
わたしが担い、背負い、救い出す。」      イザヤ書46章4節

                  

太郎トマト.jpg

少しずつ色着いて来たトマト


黄色いズッキーニ.jpg

はじめて育てる黄色いズッキーニ

コメント

先日、トマトの栽培について、ご指導いただき、
ありがとうございました。 さっそく手入れしましたところ、
たわわなに成った実が赤くなりました! 感動です!
朝の食卓の色どりを楽しく飾っております。
次はズッキーニに期待しております。
           御礼方々

winderさん


夏は、私も朝ごとに野菜が成長するのを見るのは楽しみです。
今日も暑い日になるようですから、熱中症に気を付けましょう。


数ヶ月前から姉と一緒の生活をしています。私と10歳違いですので何時かは私もたどる道なのではと思っています。
姉と介護施設の見学の後姉から私はまだそんなに老いていないよといわれました。本人は自覚していませんが私から見ると認知が確実に進んでいるように思えました。歳をとった団塊の世代が多くなり色々な面で改善していかなければいけないのではと痛感しました。そちらの市は色々な連携があるようですね。トマトやズッキニ―が美味しい季節ですね。

デコさん
お姉さんの面倒を見ておられるようで大変ですね。
誰に対しても、強きをくじき弱きを助けるデコさんの真っすぐな生き方を尊敬します。
団塊世代が10年後、2025年には後期高齢者になり社会が弱者でいっぱいになる予想ですが、ほとんどの人が自分はそうならない(歳とらない)と思っているようです。そこが問題です。
自然(花や野菜)相手は本当に良いですね。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.