トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

明日の朝はラズベリーを摘みに行こう

初夏(5,6月初旬の頃?)はベリーの季節。
5月はイチゴ(ストロベリー)、そして6月に入り今はラズベリー、その後はブルーベリーと続きます。カナダのバンクーバ―で味わったラズベリーのアイスワイン(アイスクリームにかけて食べた)の味が忘れられなくて、何年か前に畑に植えたラズベリーが今年も赤い実をつけている。
白い花が咲いた後しばらくすると、決してきれいとは言えないが果実らしいものが出来てくる。そしてあっという間に膨らんで赤く色付いてくる。透き通るような赤になった実をそっと摘まんで引っ張るとすっぽりと抜けるように取れる。口に入れると、ほのかな香りが心を豊かにしてくれる。難点はたくさんの小さな種があり、硬いこと、イチゴと同じように種ごと飲み込んでしまうのです。今回はジャムを作ります。


「主の慈しみは決して絶えない。主の憐れみは決して尽きない。
それは朝ごとに新たになる。」
                               エレミヤ哀歌3章22、23節


ラズベリー008.jpg

ラズベリー


ブルーベリーの果実.jpg

ブルーベリーもすぐに色づいてくるでしょう

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.