トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

何事にも時がある-(2)

最近ちょっとがっかりしたことがあった。
秋から作っていた畑のニンニクがある時期まで順調に茎も太くなり育っていたが、春になって気温が高くなってきたら病気になってしまった。赤さび病というウイルス性の病気で、葉っぱが枯れてくるので数本抜いてみたが、ニンニクの球根が大きくなっていない。
二つの原因があるらしい、一つは土中に窒素分が多いこと(小さな原因?)。
そしてもう一つは、ある文献のデータを調べたら、青森での試験だが、気温の高い時に植えるとこの病気が出るとのこと。私は気温が高い時の方が成長が早いと思って、10月初めに植えたが10月半ば過ぎに植えると発生率が少ないことが分かったので、今年の秋にはもう一度挑戦してみようと思う。
昔の人は農作業に旧暦、すなわち農歴を使っていたがそれなりの理由があったのです。やはり先人の知恵を大切にしなければいけない。

「 何事にも時があり、
 天の下の出来事にはすべて定められた時がある。
 生まれる時、死ぬ時、
 植える時、植えたものを抜く時。」
                         コヘレトの言葉 3章1-2節

小ニンニク.jpg

球根の直径3-4cm位で、本来の半分の大きさ

コメント

暑い日が続いていますね。今からこんなでは夏にはどうなることでしょう。ニンニク残念でしたね。農家の方々も色々勉強して作業をしているのですね。来年こそは良いニンニクが出来ますように。。。。

デコさん
まだまだ新米農夫ですからしょうがないです。
毎朝、天気予報に一喜一憂しています。
まー、これもボケ防止にも良いかなーと思っています。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.