トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

今日も種を蒔く

春らしくなって、畑仕事が楽しみとなってきた。
桃や桜が咲くころ、種蒔きに適している春野菜が多い。
今日は、もう一度ニンジンの種を蒔く予定、というのは試しに3週間前に種をまいたのだが、ほとんど芽がでなかった(普通1週間位で芽が出る)。気温が低かったのか、乾燥しすぎたのか、土が良くなかったのか?
今回は、仕様(平均気温10度℃以上、1週間乾燥させない、土は柔らかく)に忠実に従い、種を蒔く予定。土は以前から4回も耕し柔らかくし、石灰と堆肥を施し畝を準備した。
ニンジンは芽が出れば5割成功といわれている、まず芽を出させることが一番。
ニンジンは、どんな料理にも必要だし、栄養価も高く一年中常備しておきたい野菜なので、今度は何とか芽が出てほしい。


「 朝、種を蒔け、夜にも手を休めるな。実を結ぶのはあれかこれか
それとも両方なのか、分からないのだから。」
                      コヘレトの言葉11章6節

桃002.jpg

春を告げる、街路の桃の花


ブロッコリー.jpg

1本のブロッコリーから


苗床.jpg

(左)春菊、(右)サラダ菜の種が発芽した

コメント

こんばんわ 先週頂いたおみかん酸味もあり美味しく頂いています。ご馳走様でした。ニンジンは作るのが難しいのですね。常備采としてはきらした事がありません。、栄養価も高いのですが、娘婿はニンジン嫌いスープカレーキンピラニンジンとったらまるで別物です。

デコさん

昔はニンジンの臭いと甘みが嫌いという人がいましたが、今のニンジンはむしろ臭いがなくて物足りない感じです。
特に、生のスティックサラダで食べる場合は少し甘みと香りがあるのがいいです。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.