トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

アフター・クリスマス

私はクリスマスの後のお正月までの時が好きです。
一年の全てのことが終わり、何とも言えない解放感を感じる時です。
この時、今年の一年を振り返りまた新しい年への期待を思い巡らせるのです。そして聖書から新しい年の言葉(一年間の座右の銘みたいな)は、どんなものが良いか祈りつつ探します。
ちなみに、今年の聖書の言葉は「神の福音のために選び出され・・・」(ローマ人への手紙一章一節)というものでした。全てのクリスチャンは特別に福音を伝えるために生かされている。この言葉に押されて、私も東京でハウスチャーチ(万人祭司)のことを証するチャンスを頂いた。
さて新年への聖書からの言葉はどんなものでしょうか?

「その後
 わたしはすべての人にわが霊を注ぐ。
 あなたたちの息子や娘は預言し
 老人は夢を見、若者は幻を見る。」         ヨエル書3章1節


リース2014.jpg

2014年のクリスマス・リース(長野県姫木平のモルゲンローテ、寺島信子作)


フローズン.jpg

今年は特別寒さが厳しく、畑のイチゴもフローズン

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.