トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

おとこ3人旅

年に1、2回共にスキーやハイキングする、YYさんKMさんと3人で、夏の疲れ(特別な働きをしたわけではないが)を癒すため週の初めに紅葉の箱根を1泊旅行をした。
我々、すでに古希を過ぎ決して若くはないので健康には特別気を使っている。特にKMさんは独り身なので体調管理が事のほか大変で、メールで確認し合っている。
今回の旅、本来なら2週間前に実行する予定でしたが、台風18号の情報を企画担当のYYさんが事前にキャッチし予定変更(良い決断だった)でこの週の初めとなった。

我々3人の関係というのは、横浜市立鶴見中学校の同期生という仲です。KMさんとは小学校から、YYさんとは中学校から一緒でした。とりわけ中学1年生の頃、鶴見のR通りの商店街入り口にあった古本屋の店頭で、KMさんと私がちょっとエッチな(芸術的)写真を覗いていた時、中からおかみさんみたいな人が来て、執拗に周りの本にハタキをかけて(埃などないのに)埃を払うような格好でパタパタしていたので、しぶしぶあきらめて立ち去ったのです。
ところが数日後YYさんの家に行った時、そのおかみさんがいたのです。実はYYさんのお母さんで親戚の古本屋を手伝っていたのでした。私は腰抜かすほどビックリし、また恥ずかしい思いをしました(その時、腰痛の種が入ったのか?)。
ともかく大切な親友たちです。
大涌谷から神山を通って元箱根への険しい山道を抜けたのだが、「80歳になっても来れるかな?」と話しつつ歩いた。
いつまでも元気で旅を続けたいものです。


「 御覧ください。主がモーセにこの約束をなさって以来四十五年、イスラエルがなお荒れ野を旅した間、主は約束どおりわたしを生き永らえさせてくださいました。今日わたしは八十五歳ですが、 今なお健やかです。モーセの使いをしたあのころも今も変わりなく、戦争でも、日常の務めでもする力があります。どうか主があの時約束してくださったこの山地をわたしにください。」
                                 ヨシュア記14章10-12節

をバックに富士山.jpg

やはり富士山をバックに1枚(駒ケ岳山頂から)


杉林.jpg

杉の林を通って(YYさん撮影)


湖畔の紅葉.jpg

芦ノ湖の湖畔の紅葉が始まっている(YYさん撮影)


コメント

お元気な様子何よりですね。男3人旅楽しそうですね。幼馴染の友人ツ―カなのでしょうね。やはり幼馴染は飾る事もなく気取る事もなくあるがまま昔の自分を知られているからでしょうか。広い世間でも必然的な偶然が時々あるのですね。私もそんな偶然によく出会います。世の中狭いですね。山々の紅葉がきれいですね。

デコさん
おかげさまで、多くはないですがこのような友がいることを感謝しています。なんとか良い関係が永く続けられるよう、特別健康に留意しています。年寄りはお互い助け合うことが一番と感じています。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.