トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

雨水貯水システム

我が家のエコ生活を紹介します。
1)まず畑で野菜を育て、地産地消を行っている。
野菜つくりには水が必要。暑い夏も、種まきの秋も家からボトルに入れて水を運んでいます。今回畑の片隅(コーヒーの木を夏の強い日射から守るために日射よけのシートをかけていた場所)に波板屋根をかけて樋をつけ雨水をためられる雨水貯水システムを作った。水道水を使わない、雨水という自然エネルギーの有効利用です。(実際は水を運ぶ労力の節約のほうが大きいかな?)
2)次にゴミだが、我が家のゴミの6~7割が野菜ゴミである。その野菜ゴミを畑に持って行って、玄米(玄米を購入している)を精米した時に出る米糠を混ぜて発酵堆肥にし、野菜つくりに使っている。ゴミが減るだけでも、回収および処理の消費エネルギーが節約できるはずと思う。
1)と2)あわせても微々たるものだが、エネルギーを節約し自然エネルギーを使うことを心掛けるだけでもエネルギー事情に貢献しているつもりです。
もちろんこのエネルギーを電力会社に売ろうとは思っているわけではないが、最近北海道電力初め電力会社5社の再生エネルギー買い入れ凍結は、始まったばかりの日本の再生エネルギー利用政策を大きく変えるものだ。政府の原発再稼働優先か?
ともかく、私にとってエコ生活をすることは小さな社会貢献であり、且つ楽しく喜びです。


「主は彼らに先立って進み、昼は雲の柱をもって導き、夜は火の柱をもって彼らを照らされたので、彼らは昼も夜も行進することができた。」
                         出エジプト記13章21節


屋根.jpg

屋根にアクリル波板を貼り雨どいを付けタンク(バケツ)に雨水を貯める、コーヒーの木の日除けも兼ねている(そろそろ寒くなってきたので、コーヒーの木は家の中で育てる)

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.