トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

気がかりな世界

イギリスの北部に位置するスコットランドがイギリスから独立したいということで、1-2日中に国民投票が行われる。面積的にはイギリスの3分の1、人口の面では8%(530万人)で、もし賛成多数なら300年共に過ごしてきたイギリスから独立することになる。財政的には北海油田という資源があるということだ。
本当にいいことなのだろうか?あるいは時代の流れなのだろうか?

ウエールズに住む元フィリピンMJCC(マニラ日本語キリスト教会)宣教師のミセスJGは、夏にお会いした時「オー・ディアー、ディアー!」と嘆いているのを聞いた。
かつて世界を制覇していた大英帝国がますます小さくなっていく(以前は香港が英国から中国に返還されたときに感じた)のに、私も何故かさみしさを感じる。

もしスコットランドが独立するとなると、世界に与える影響はどんなののだろう?
クリミヤ半島のロシア参入が正当化されたり、スペインの北部のバスク地方が独立したり、沖縄が日本から独立したいと言わないか?
スコットランドの国花はアザミ、アザミや茨の苦難の道が待っているのでなければいいが。単なる憂いに終わってくれればなーと。


「民は民に、国は国に敵対して立ち上がり、方々に飢饉や地震が起こる。
しかし、これらはすべて産みの苦しみの始まりである。」
                     マタイによる福音書24章7,8節


海老名カカシ祭り.jpg

海老名のカカシ祭り20日まで(田んぼの農道に約50体が展示されている)


2014年の稲.jpg

新米がもうすぐ出ます、今年も豊作のよう

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.