トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

不思議なこと

また最近イスラエルとパレスチナ(ガザ)で紛争が起きている。
ロケット弾を撃ち込んだり、空爆で応酬したりTVでその紛争の映像が流されると、住民は落ち着いた生活など出来ないなーと思う。
今週2カ月ぶりでイスラエルに留学したことのある友人KTさんとお茶をした。彼から聞いたのですが、「イスラエル人は戦闘下で生活するのに慣れていると」
確かに不思議なことだがパレスチナ人はイスラエルの国を認めていない。(今イスラエル人が住んでいるところはイスラエルのものではないという)
だからイスラエルには徴兵制があり、男3年、女2年という期間兵役に着く、その後も年に何日間か訓練に行き、イスラエルはいつも臨戦態勢にあるという。辛い国情です。
イスラエルは1947年国連によって現在の土地がイスラエルと認められたのだが、イスラエル国の存在を認めていない国があるというのが本当に不思議だ。
日本では考えられないことである。
お互いを認め合い、平和で落ち着いた生活ができる日が一日も早く来ることを願っている。

「 平和を実現する人々は、幸いである、
      その人たちは神の子と呼ばれる。」
                     マタイによる福音書5章9節


梅雨空アジサイ.jpg

梅雨空のアジサイ

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.