トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

明るい知らせ

高齢化に伴いパーキンソン病にかかる人が増えています。
私の知り合いでも、3人ほどこの病気で生活(手、足、言語)の不自由を感じている人がいます。いまだに病気発症の原因がはっきり分かりません。
しかし、最近の報道では、
『京都大学の研究グループは、iPS細胞を利用してパーキンソン病の治療に必要な神経細胞を、大量かつ安全性を高めて作り出すことに成功した。また早ければ2年後にもヒトへの移植を行いたい』と発表した。
IPS細胞で人への臨床が可能になりつつあるのです。
これは近未来への明るい知らせです、1日でも早くその日が来ることを望んでいます。


「あなたは御自分の息を送って彼らを創造し
 地の面を新たにされる。」      
                        詩篇104編30節


白樺の木.jpg

上質な雪(パウダースノー)の万座山の第5ゲレンデ


山間コース.jpg

第5ゲレンデから林間コース(しゃくなげコース)へ

コメント

友人の奥様も同じ病気です。少し希望が持てそうですね。万座にスキーに。。。お元気でスキーをされておられるのですね。元気が一番ですね。

本当に、これからは元気が一番です。
経済的、時間的、体力的に少し無理をしてでも健康に一日一日を過ごせるよう心がけたいです。

あの、素晴らしい発表は、なんだったのでしょうね。
まさか、捏造してたなんてね。
これからは、本当に未来に向かって良い発表がなされる
事を期待したいですね。

どらた さん

STAP細胞の発表は確かに1時は明るいニュースでした。
ただ、まだ全く嘘だとは言っていないので成り行きを見守りたい。むしろ理研という組織の不備が気になる。
若い研究者をだめにしないで育ててほしい。
小保方さんには時間をかけて、本物を発表してほい。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.