« 2013年12月 | メイン | 2014年2月 »

2014年1月31日

いよいよ老人クラブに

海老名市(団地でも)で組織する老人クラブ「ゆめクラブ」に誘われて久しかったが、まだ老人扱いされたくなかったので断り続けてきました。しかし良く考えると私も70歳になり、まさに老人です。ゆめクラブは高齢者が健康で豊かな老後を過ごせることを目的とし、60歳ごろから入会できます。
活動内容は、
地域活動(美化活動、自治会活動への参加等)
健康活動(運動会、バスハイク、グランドゴルフ)
教養、文化活動(講演会、研修旅行、芸術文化会)などを企画、参加するものです。
地域の人達との交流も大切であり、特に高齢になればなるほど近所付き合いが欠かせません。そのようなわけで、いよいよ「ゆめクラブ」入会の一大決心をしました。
これから地域の人達とのさらなる新しい交流を楽しみにしています。


「わたしたちは、与えられた恵みによって、それぞれ異なった賜物を持っていますから、預言の賜物を受けていれば、信仰に応じて預言し、 奉仕の賜物を受けていれば、奉仕に専念しなさい。」
                           ローマ人への手紙12章6節


キンカン.jpg

畑の隅に植えたキンカンがもう食べごろです


イチゴの花が.jpg

まだ霜が降りるような朝の寒さだが、もうイチゴが花をつけている

2014年1月21日

陰れたヒット映画

「ハンナ・アーレント」です。
2-3か月前に神田神保町の岩波ホールで上映が開始されたのだが、なぜか毎日満員で入れないような状況(今までそんな映画はなかった、2-3週間で次の映画に変わる)でした。そんな状況だったのでついに横浜(シネマジャック&ベティ)でも上映されることになって、朝9時45分上映のものを見に行った。
ナチスの収容キャンプから逃れてアメリカへ亡命したユダヤ人の女性哲学者 ハンナ・アーレントが、ホロコーストの遂行者ルドルフ・アイヒマンの裁判を傍聴して、「悪の凡庸さ」を発表した。(人間は誰でも「思考を放棄」すればアイヒマンのようなことをしでかすかもしれないと)そのためユダヤ人社会から大きな非難を浴びた一女性の真理を追究する人間ドラマ。
なぜこの映画が(特に中高年に)これほど人気があるのだろうか?
ぜひご観賞をお勧めします。


「朽ちる食べ物のためではなく、いつまでもなくならないで、永遠の命に至る食べ物のために働きなさい。」           ヨハネによる福音書6章27節

ハンナ・アーレントー1.jpg

映画のポスターのハンナアーレント(インターネットより)

2014年1月17日

にこにこサロン

いつでも自由に話せる場、それが「にこにこサロン」。
団地内の小さなスペースを借りて、ボランティアーが運営(社保庁が協力)する無料のカフェです。火、木、金、日の週4日11時から4時ごろまでオープンしていて、誰でも無料でコーヒーを飲んで、おしゃべりが出来ます。
もちろん、独居老人やお年寄りの人が多く利用していますが、お昼を一緒に食べたり世間話をしてりして結構繁盛しています。お年寄りの方は過去にそれぞれ社会で貢献してきた方々で、(俳句の先生、切り絵の達人、栄養士の方、野菜作りの名人、看護師さん、ゴルフの好きな人など)話も面白く、知識も豊富でとても役に立ちます。
私もささやかな協力として夏の間(6月-8月の毎週金曜日)は夏野菜の直売をさせて頂いています。
今日も、お隣のTG翁を誘い合わせてコーヒーを飲みに行った。今日はハワイのコナコーヒーをいれてくれた。そしてノロウイルス対策には味噌汁(日本古来の発酵食品)を飲むのがいいと教わった。
高齢化社会になっていくこれからは、特に必要な場所です。
小さくても、あちらこちらに出来るといいなと思う。


「災いの日に、あなたの兄弟の家には行くな。
 近い隣人は遠い兄弟にまさる。」        箴言27章10節


寒椿.jpg

相模川の堤に咲く椿(今年はまだ蕾だったので2013年撮影したもの)

2014年1月10日

冬の畑仕事

冬の畑は殺風景で厳しいものがある。
今日は寒風の中、畑仕事をした。
昨年の秋に集めておいた、落ち葉を土に鋤きこんだ。
春までには落ち葉は朽ちてふかふかな土を醸成する。そしてそこへ3月下旬ごろ(霜が降りなくなった頃)ジャガイモを植えるのです。
主に、キタアカリ、メイクイーン、男爵、ノーザンルビー等です。
昔はほくほくの男爵が人気だったようだが、最近は煮崩れしないメイクイーンが人気のようです。(煮崩れすると煮汁の中に旨味と共にプリン体がたまり人によっては良くないから?)ノーザンルビーの味はそれほど良いと思わないが、中身がピンク色でサラダに添えると美しい。
ジャガイモは6月ごろには一つの種イモから20個位のイモが採れ、比較的栽培がやさしい。採れたてのジャガイモはふかしてバターで食べると本当に美味しい。


「恵みの業をもたらす種を蒔け
 愛の実りを刈り入れよ。
 新しい土地を耕せ。
 主を求める時が来た。
 ついに主が訪れて
 恵みの雨を注いでくださるように。」      ホセア書10章12節

畑仕事.jpg

冬は土づくりの時です


種ジャガイモ.jpg

ホームセンターでは、もう種イモが売り出されている(北海道産)

2014年1月 5日

2014年の初めに

初日の出ー1.JPG

茅ケ崎の海岸から(東の方向)江の島方面の日の出


富士山の日の出.jpg

同じく(西の方面)朝日を受ける富士山


私は今回、元旦の朝日の撮影ができませんでした。
上記2枚の写真は茅ケ崎の親友(YYさんが元旦に撮影)から送られたものです。

新しい年になると、いつも年間のプランを思いめぐらします。今年は新聞やTVで高齢化対策を再三目にし、耳にし、自分がその対象になっているのでますます何かしなければと思っている。
行動ができる年でありたいと願ってます。


「今なお健やかです。モーセの使いをしたあのころも今も変わりなく、・・・・・も、日常の務めでもする力があります。 どうか主があの時約束してくださったこの山地をわたしにください。」   旧約聖書、ヨシュア記14章10~12節

Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.