トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

暗闇の中の光

このごろは夕方4時過ぎになると日が沈み、外は木枯らしと共に暗闇があたりを覆う。
国会では、特別秘密保護法案が衆議院を通過し、社会に大きな闇の幕が下りようとしている。
本来12月は一年で最も嬉しいクリスマスの月であるのに、この闇は、街にはイルミネーションもなく、クリスマスキャロルも聞こえない、サンタクロースも来ない、家にはおもちゃのプレゼントもケーキもない恐れと不安に満ちた闇、そんな世を予感する闇だ。
私がクリスチャンになる前、いつも12月になると満たされず不安を味わっていた闇と似ている。
しかし、今週の日曜日から4週間の24日までアドベント(待降節)が始まった。
2000年前に起こった事実、キリストの誕生、が今年も思いだされ、心に灯をともしている。小さな灯であるが、必ず何かが起こると希望と期待を寄せている。


「天地は滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない。」
                     マタイによる福音書24章35節


アイソン彗星.jpg

アイソン彗星、数十万年のかなたから来た彗星(太陽のそばで分解消滅)
(NHKのTV放映写真より)

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.