トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

冬が来る

ここ4-5日真冬の寒さ到来です。
何か新しい野菜をと思い、春に種を蒔いたイタリヤ野菜(むらさきチコリ)が夏になっても一向にキャベツのように巻かず、紫色にならず緑のままでした。種が間違いではないかと疑っていたところ、この3-4日の寒さで少しずつ巻きが始まり葉の先端が紫色になってきた。確かにネットで調べると寒さに当たると緑の葉が紫になり、苦かった葉が甘くなるとあった。
イチゴの苗定植、ニンニク植え等を終えて、畑も冬の準備はしているのですが、今年はいつまでも暑かったり、急に寒かったりで、今玉ねぎの苗植えをしていい時なのか、例年のような感じ(人間の)と違うようで戸惑っています。
団地の建物の大規模補修でネットを張ったためベランダが使えないので、初冬恒例の干し柿作りも出来ず、このことも私の季節感を狂わせている原因かもしれない。
でも自然(野菜等)は確実に時を見極めているのを知り驚いている。


「神はすべてを時宜にかなうように造り、また、永遠を思う心を人に与えられる。それでもなお、神のなさる業を始めから終りまで見極めることは許されていない。」
                  コヘレトの言葉3章11節


チコリー1.jpg


チコリー2.jpg

紫色になってきたチコリ


ー3チコリ.jpg

完成品の姿です

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.