« 2013年9月 | メイン | 2013年11月 »

2013年10月24日

秋の収穫

わが農園の秋の収穫は、なんといってもサツマイモです。
昨年はなぜか良くできなかった。葉は良く茂っていたので期待していたが、いもの肌がザラザラしていたり色が悪く食欲をそそるようなモノではなかった。先輩ファーマーのKYさんに聞いたら栄養をやり過ぎると良くないとのことでしたので、今年は特別肥料は施さなかった。
結果、土の中から何とも言えない赤銅色の塊が出て来て出来は去年よりいいようです。

さてこの食べ時ですが、すぐ食べてはだめ。1-2週間冷暗所でストックしてからの方がデンプン質が糖質に変わりおいしく食べられるとのことです。
野菜を造ると同時に食べごろも考慮して提供することが必要であると学びました。

ちなみに、カボチャは収穫後1か月追熟したもの(スーパーで売っている)が美味しいとのこと。新米ファーマーとして知らないことが本当に多い、これから知ることが沢山あることを嬉しいと思おう。

"There is joy in the presence of the angels of God when one sinner changes his heart and life."          
             ルカの福音書15章10節


収穫―米.jpg

農家の最大の収穫、稲刈りが始まった


収穫ー1.jpg

私の収穫、サツマイモ


収穫―かぼちゃ.jpg

黄色はおもちゃカボチャ(ベレーカボチャ)、黒いのが食用カボチャ

2013年10月15日

長生きしたね

10月14日、母の百歳の誕生日でした。
面倒を見ている兄の家(山梨県北杜市)で母の子供、孫、曾孫,総勢18名が集まってお祝いをした。大正、昭和、平成にまたがる一世紀を、また父が亡くなって50年近く4人の子供たち(私達)を育て、生きて来たのです。本当にお疲れさまでした。
すでに認知症が進んでいて、私が息子であることも分からな状態です。
ともかくたくさんのお客さんが来てくれて嬉しいようでした。
認知症になって私達とはコミニュケーションが上手くとれなくて困ったが、「気丈な義母だから正気だと疲れ果ててしまう、こんな状態だからお世話できる」と義姉は言っていたと。なるほど、そして義姉にも感謝です。
みんなに迷惑をかけてもいいから、さらに長生きしてください。

「命あるもののうちに数えられてさえいれば、まだ安心だ。
 犬でも、生きていれば、死んだ獅子よりましだ。」
                    コヘレトの言葉9章4節


百寿の祝い.jpg

時の総理大臣から、銀杯と賞状が贈られた

2013年10月10日

お化粧直し

私の団地(22棟、650世帯が住む)では10年ごとに建物外壁補修工事をしている。
今年がその年に当たり、これから3ヶ月ネットで覆われた少しうっとうしい日々が続きます。
外壁の亀裂補修やフェンスのさび止め、屋根やベランダ床の防水補修等を行います。今回の補修工事においては毎月1万円近く積み立てているので特別出費はありません。これは助かります。
そして、確かに見た目がきれいになり、建物自体長持ちするというメリットがあります。
しかし、そのようなハードな面だけでなく、ソフト面(生活を良くする)をも考慮してほしいと思う。それは、①40年前の建築ということで5階建の棟は現在エレベーターがないので高齢者にとっては大変(私の棟は7階建でエレベーターが有る)。だからエレベーターをつける。②また現在の耐震基準に合っていないので耐震補強する。③入口は階段だけで車いす用のスロープがないのでスロープをつける。④高齢者、独居者が気楽に集える常設集会室を造るなどなど。
外側がきれいになるのも良いが、安全で便利になるならさらに嬉しいことです。


「人々は麦とぶどうを豊かに取り入れて喜びます。
 それにもまさる喜びを
 わたしの心にお与えください。」     詩篇4章8節

外壁補修.jpg

外壁補修工事が始まった

2013年10月 5日

畑友だち

朝、携帯に見慣れない電話番号から電話がかかってきた。恐る恐る受けてみると、畑の関係者(オーナーの知人)からだった。
畑仲間五人がオーナーから借りて畑を楽しんでいたのだが、その中の一人Aさん(一番奥の良いところを借りているので、一番古い方と思われる)の訃報でした。ちょっとびっくりしました。春に、がんで治療を受けていた事を聞いていたが9月初頭には元気に畑作業をしていたのに(顔色も悪くなかった)。そして9月末に病気入院したことを聞いたが、これほど早く亡くなるとは思わなかった。(ご本人も全く予期していなかったことでしょう)
たしかに、人の命は神の御手の中です。
内々で葬儀をするとのことですが、お通夜に行こうと思っている。
亡くなった方のことはどうにもできないが、残された方(奥さまや息子さん達)の心の慰めになればと思う。

「何事にも時があり
 天の下の出来事にはすべて定められた時がある。
 生まれる時、死ぬ時、植える時、植えたものを抜く時。」  コヘレトの言葉3章1,2節

カナディアンロッキーと湖.jpg

モレイン湖とカナディアンロッキー(バンフ)

Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.