トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

雨だ!恵みだ!

毎日35度を超える猛暑日が続いている。
そして1~2週間は雨が降りそうもないという予報。
草も花も畑の野菜もまいっている。何もしていない人(私)もみんな参っている。それでも少しは畑の野菜に水を注がねばならず、水路に稲のために水があるとはいえ、バケツで運ぶのはかなりの重労働です。しかし、昨日の真夜中突然、ものすごい音がして雨が降り出した、思いがけない(ゲリラ)豪雨だった。
今朝の畑は昨晩の雨で潤った野菜たちがとても元気だった。
集中豪雨のため停電、浸水、地滑りの被害に遭ったところもあるが、ここ海老名近辺は幸いに特別被害はなかったようだ。
私にとってこの雨は全くの恵みです(予期せぬボーナスのようなもの)。
感謝。

「もしそれが恵みによるとすれば、行いにはよりません。もしそうでなければ、恵みはもはや恵みではなくなります。」
                 ローマ人への手紙11章6節


の花さるすべり.jpg

さるすべりの花 (朝の散歩の時)


ピーマン.jpg

ズッキーニ 緑色.jpg

畑の野菜が元気を取り戻した(ピーマン、ズッキーニ)


稲の花.jpg

田んぼの稲に花が咲いた、(このころ一時的に水路に水が入る)

コメント

残暑お見舞い申し上げます。東南アジアに長い私たちでさえこの暑さには堪えています。最近のスコールのような雨では色々な所い被害が出て大変ですね。雨も欲しいのですが、大量ではなすすべがないですね。日本の気象はどうしたのでしょうね。夕方になると降る大雨にマレーシアを思い出しています。

デコさん
たしかに東南アジアにいる時は、35度以上というのもなかったのでしょう。暑くて困るようなことはなかったように思います。昔の楽しかった時を思い出すぐらいの暑さや、スコールのような雨であると良いですね。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.