トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

ウルワシイ香り

タイに旅行したらドリアンを食べたいと、同行者の2人も願っていた。
よく調べたらドリアンのシーズンは5-9月だとわかって、少し残念だと思った。
しかし、どこかに少しはあるだろうと望みは捨てなかった。

チェンライではまったく見当たらなかった、帰国前にバンコックに戻ったので、高級百貨店と言われているスカイトレ-ンのプロ・ポン駅に隣接している「エンポーリアム」に行ってみた。はたして、そこに高級品のように少しだけ並んでいた。

早速買って、ベンチでみんなで食べたら香りといい、トローっとした味といい申し分無く美味しかった。
幸い同じフロアーに生活用品を売っているスーパーがあったので、そこでタッパウエアーを買って、それに詰めてもらい匂いが出ないようにラップを何重にも巻いてもらって帰国した。私の家族はドリアンが大好きなので何よりのお土産でした。

以前、ドリアンを買って帰国した時、成田エクスプレスで横浜へそして相鉄で海老名に帰った。横浜まで冷房が効いていてはなんともなかったのですが、相鉄の車内は暑かったので少し匂いが出ていた。そこで入り口脇の網棚に載せて私は少し離れたところに立っていた。斜め向かいの席に東京ガスの制服を着た男性2人が座っていて、その隣の人が何やらガス会社の社員を疑い深く見ていた。ガス会社の社員は何か話し合っていたが、次の駅で降りてしまった。私は終点海老名駅でみんなが降りてからゆっくり降りて難を逃れた、無事家に持ち帰れたということがあった。

ドリアンの匂いは嫌いな人には耐えられないかもしれないが、好きな者にはなんとも言えない「嬉しい香り」です。キリストの香りも同じで嫌いなものには悪魔のごとく、好きな者には命をかけてもいいと思うほどです。

「そのとき、マリアが純粋で非常に高価なナルドの香油を一リトラ持って来て、イエスの足に塗り、自分の髪でその足をぬぐった。家は香油の香りでいっぱいになった。」    
          ヨハネによる福音書12章3節

ドリアン売り場.jpg

エンポーリアムのドリアン売り場を見つけて、ラッキー!


チャオプラ川.jpg

豊かな水が流れるチャオプラヤ川、両サイドにホテルが並ぶ
(シャングリラホテル脇から撮影)

コメント

うわ~!懐かしい風景です^^

hina さん

良い思い出が一つ増えてよかったですね。
これからも、チェンライで働く人を応援してください。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.