トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

世界の話題

いつの時代も政治、経済、宗教が大きな話題です。

今日この頃は、世界第2の経済大国、中国の全人代で抜擢された総書記,習近平氏が強大な権力で13億の人民を支配しようとしており、
日本では安倍晋三首相がTPPの参加を表明し、停滞している日本経済を活性化しようと大きなかけに出た。
そしてバチカンでは新法王にフランシスコ1世が選出され、初めての日曜日の祈りで「わずかばかりであっても慈悲が世界を変え、世界を温かく、公正なものにすることができる」と訴え、世界の11億のカトリック信者はじめ世界の平和と、繁栄のためにのりだした。

人々の究極の求めは、平和と安心ではないだろうか?


「それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。」
                 コリント人への手紙第1、13章13節

新法王.jpg

バチカンで新法王、フランシスコ1世の初めての日曜日の祈りの後

コメント

ヨーロッパ以外では初のらしいですね。
とても気さくな人らしいです。
カトリックに改革を起こしてくれることでしょう

のんさん

貧しい人のための教会を目指しているそうで、良い方向に改革されるといいですね。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.