トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

秋晴れ

気持ちの良い秋晴れの日でした。
朝から運動会や、芸術観賞の話が飛び交っていた。

運動会と言えば小学校時代(横浜市立豊岡小学校)では運動会になると毎年地区対抗リレーがあり、私の地区にはゴボウ抜きする特別足の速いM選手がいて、何年間か応援するのが楽しみだった。彼のおかげでほとんど毎年優勝していた。

今日は、畑のゴボウ抜きをした。ゴボウ抜きとは「一気に抜く」ことのようだが、我が家の畑のゴボウはそうは簡単にいかなかった。
収穫も楽しみだが、秋晴れの中での畑作業は格別です。気温21度湿度48%とのこと最高の畑日和、今が最高の季節でしょうか。

さて、ゴボウのあとは3-4週間土を休ませて今度は大麦を蒔きます。


「空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。あなたがたは、鳥よりも価値あるものではないか。」
        マタイの福音書6章26節

この言葉が自然にこころに浮かんできました。


ゴボウ抜き.jpg

抜いたゴボウ


稲刈り.jpg

良い天気だったので稲刈りもあちこちで行われていた、豊作のようです


白鷺でしょうか.jpg

白鷺でしょうか、気持ちよさそうに飛び立った

コメント

おかえりなさい。体調をくずされたのではと心配していました。ごぼうがぬけるようなので安心しました。家庭菜園でごぼうまで作られているのですね。すごいすごい 美味しいでしょうね 私の友人(奥様とご一緒した時行った家)は今年は吉備を作ったそうです。年末には吉備餅をと言っていました。

デコさん

ご心配かけました、ゴボウを抜いて元気になりました。
早速、妻がゴボウサラダに、きんぴらを作りました。
そしてゴボウ茶(便秘に良い)を作るといって、細く裂いて乾燥させました。それを焙煎するそうです。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.