トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

お料理教室へ

今日はイタリアの田舎料理教室に行った。
というのはNHK(BS)で「猫のしっぽ カエルの手」という番組があって、京都大原のべネシアさんとトスカーナの奥村千穂さんの「田舎暮らし」を放映していた。その千穂さんのご主人アントネッロさんが料理の達人で、イタリア料理を教えているので今回旅の途中に一日料理を習う計画をしたのです。生まれて初めての「お料理教室」受講です。

北海道からイタリア語を勉強に来ているXA嬢と、京都で自宅農家を手伝いながら針の治療師をしているYB嬢と、私たち夫婦の4人がフィレンツェから電車で北へ30分の標高550mの山の中にある千穂さんのお宅へ行って料理を教わり、それを食べるという講習会に参加したのです。
メニューはアントネッロさんの故郷、南イタリアのプーリアの田舎料理でした。10時頃から開始して1時にすべての料理が完成し、皆でいただいた。
一皿一皿みな美味しかった。


「すると、たちまち目からうろこのようなものが落ち、サウロは元どおり見えるようになった。」
        使徒言行録9章18節


ご夫妻.jpg

料理中.jpg

お料理教室の先生ご夫妻(アントネッロさんと千穂さん)


焼きパプリカ103.jpg

パプリカを焼いて前菜とする


パプリカ.jpgナス.jpg

左)前菜、パプリカとパン粉のサラダ
右)プリモ、ブリンディシ風ナスの詰め物


いか.jpgお菓子.jpg

左)セコンド、ジャガイモとイカ
右)ドルチェ、クペータ

そしてコーヒー、赤ワイン


日本でナスは主菜にならないと思われているが、ここでは堂々と主菜になっているし、パプリカが前菜となるなんてビックリです。私も目からウロコのようなものが落ちた感じです。

コメント

すごく旅を楽しんでいるご様子が伝わってきます。
料理教室まで飛び込んで!
出かける前から、計画されていたのですか?
帰国したら、自前の野菜を自分の料理で!
楽しいだろうなぁ。

フィレンツェでお料理教室に行かれたとの事なんだか聞いたことがあるなあと思っていましたが、猫のしっぽとカエルの手の制作に係わった方がyumiyaneさんでした。ユキちゃんという娘さんがいましたか?インターネットで世界中がつながっているのですね。驚いています。

winderさん
そろそろ私も皿洗いから昇進して料理もさせてもらえると思っています。
今年は畑で大きな水ナスがたくさん採れたのですが、料理法がわからなかったので、今回水ナスを使った料理を教えていただき、大変ためになりました。

デコさん
残念ながら、ユキちゃんは学校に行っていて会えませんでした。ユキちゃんはNHKで放映されても、特別な演技をするでもなく、とても自然だったので将来、地で行ける良い俳優になるのではないかと話しました。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.