トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

 尊い勲章

稲.jpg

朝露に濡れる稲の穂(団地のそばのたんぼで)


長い人生において、予期しない病気に見舞われたりする時が度々あります。
私もこれまで前立腺肥大で手術、帯状疱疹に罹ったり、今回の慢性硬膜下血腫除去手術等で入院したりした。
多大な痛みや不都合を被った。
しかし、多くの方々の支えによりそれらを一つずつクリアー出来ました。

学生時代、サラリーマン時代特別な賞は一度も受けたことがありませんが、現在は病気からの回復は私にとって特別価値ある賞です。
人生の尊い勲章です。

私の愛読する聖書では、
「わたしの兄弟たち、いろいろな試練に出会うときは、この上ない喜びと思いなさい。・・・・・ 試練を耐え忍ぶ人は幸いです。その人は適格者と認められ、神を愛する人々に約束された命の冠をいただくからです。」
       ヤコブの手紙1章3,12節

そして天国に一歩近づくのです。


コメント

ご無沙汰しています。
久しぶりにブログを拝見したのですが、大変な手術をなさっていたのですね。お元気になられて良かったです。
ヤコブ1:12は22年前に母が癌で手術を受けた時に、このみことばを静江先生に聖書の表紙の裏に筆書きしていただいて、母と読んだ大切なみことばです。母はノンクリスチャンでしたが、神さまとこの時に出会ったと信じています。
クリスチャンは、神さまから試練を通して練って清めていただけるのだと思わされます。

kobakeiko さん

この聖書の言葉はどんな時も、特に困難なときにも希望を与えてくれます。私にとっても大切な言葉です。

体調回復されて良かったですね。奥様きっと至れり尽くせりだった事でしょうね。歳を取るに連れ色々出てきますが、早め早めにケアーして大事にされてくださいね。夫婦元気で留守がいい最近実感致しております。

デコさん

ありがとうございます。
おかげさまで順調に回復し、日常生活をしています。
確かに夫婦共々健康が第一です。
それでこそ高齢社会を楽しく過ごすことができます。
デコさんご夫妻の健康を祈っています。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.