トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

最近の感動


最近、NHK Eテレで「日本人は何を考えてきたか」第5回「内村鑑三と新渡戸稲造」を観た。

2人は北海道の札幌農学校でキリストを信じた明治の人。
それぞれアメリカに留学し、日本に帰国して英文で内村は「代表的日本人」新渡戸は「武士道」を出版し日本文化を海外に広めた。

日清、日露、第1次世界大戦をくぐり抜け、信仰を貫き平和を愛した。
政治や原発で揺れる日本で、平和を模索するその思いや、先見性が現代社会でもはっきりと生きている。
 
乞う必見! http://www.youtube.com/watch?v=_lHoP9Y01KA

「平和を実現する人々は、幸いである、
 その人たちは神の子と呼ばれる。」
           マタイによる福音書5章9節

と新渡戸稲造内村鑑三.jpg

内村鑑三と新渡戸稲造

コメント

ご無沙汰いたしております。 早速YOUTUBE見てみました。 私も他の人にシェアしていきたいと思います。 いいものをご紹介いただき ありがとうございます。  

門馬さん

本当に久しぶりで嬉しいです。
この番組はNHKのものです、どうぞシェアーしてください。
マニラ日本語教会のために祈っています。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.