トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

三時間で人生を語る

週の初めに、新宿京王プラザホテルのレストラン「樹林」で4月に私の元働いていた会社(高砂熱学)の新入社員になるという学生EHさんとランチする機会を持った。

私は、現在元の会社とは何の関係もないのだが、静岡で学生伝道をしている旧友NTさんがEHさんから高砂熱学に就職が決まったと聞いて私を紹介したとのこと。

EHさんは、私の会社生活はどんな生活? 会社で苦労したことは?等々たくさんの質問があった。

よく考えると、今まで会社生活すなわち私の人生についてこれ程まとめて一人の人(一緒に来た人と2人)に話すことはほとんどなかった。
仕事柄(建設業という3Kの業界)残業、徹夜は日常茶飯事でいつも納期に追われていた。もちろんビジネスとしてコストを追求し、また関係者の安全には最大の注意を払ったことが特に思い出される。

失敗も多くあったが、30年間の海外勤務による異文化内生活とクリスチャンとして仕事ができたことは大きな特権だった。(もちろん多くの人の支えがあって出来たこと)

最後にアドバイスをと。
仕事をすることで必要なのはまず健康であること。
そして出世も、お金を得ることも、地位を得ることも良いけれどやはり最後に残ることは信仰、希望、愛につきると。


「人はみな草のようで、その栄えは、みな草の花のようだ。草はしおれ、花は散る。しかし、主のことばは、とこしえに変わることがない。」
             ペテロの手紙一 1章24節


梅と目白.jpg

今は穏やかな生活を楽しんでいます

コメント

彼は、この春高砂熱学にめでたく入社したのですね。

よき働きがなされるよう、願いたいですね。

のんさん

そちらはまだ寒さが厳しいようですね。
みんな、与えられた仕事が"Good job" と言われるようにしたいですね。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.