トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

万座のスキーと温泉

先週、3泊4日(2月7日ー10日)で友人3人と昨年より恒例となった万座へスキーに行った。
私達4人の共通点は、横浜市立鶴見中学の同期生であること、KMさん(元NTT)、NTさん(現国際ナビゲーター静岡地区責任者)YYさん(元オーナーズ、日揮)、私は(元高砂熱学)でそれぞれ海外(駐在)経験者であること、そしてみんなスキーと温泉が大好きということです。

昨年は電車で行ったのだが、今年はNTさんが車で行こうということでした。もちろん運転者はNTさん、毎年、シーズン中は静岡大学の学生をスキーに連れて何回も行くので運転には慣れていると思うが、やはり雪道には一抹の心配があった。
しかし、幸運にも前日(6日)に珍しく雨が降り、行きも帰りも宿舎の日進館「万座亭」までの道はほとんど雪が溶けていた。

八ヶ岳のrock.jpg

NTさんが往路に立ち寄ってくれランチをした、八ヶ岳の清里にあるレストラン・ロック、アメリカン・カントリスタイルで美味しく量が多い


石の教会.jpg

軽井沢の星野リゾートの近くにある内村鑑三記念館と石の教会堂


8日、9日と2日間雪がちらついていたが、1800mを超すゲレンデはパウダースノーでスキーのコンディションは良好だった。
また温泉は酸性の強い、濁り湯で疲れた体をもみほぐしてくれた。皆、1日2-3回は入った。特にNTさんの顔で万座亭だけでなく向かいにある日進館「万座温泉ホテル」の温泉も自由に入ることができて十分楽しんだ。

万座ー14.jpg

ゲレンデに揃った4人カッコいいスキーヤー


万座ー3.jpg

4人が一緒に乗ったリフト上で


万座ー21.jpg

万座温泉ホテルの露天風呂


課題としては、昨年よりはかなり体力が落ちていて帰宅後も一週間近く筋肉痛に悩まされたこと、また温泉の硫黄臭がなかなか抜けなかったこと。
反省としては、これから一年間もっと体力作りりに励むこと、スキーはあまり頑張らないで午前中だけにして午後は温泉にしようと思う。

「主に望みをおく人は新たな力を得、鷲のように翼を張って上る。
 走っても弱ることなく、歩いても疲れない。」
     イザヤ書40章31節

万座ー22.jpg

帰路、浅間山をバックに記念撮影
また来年に向けて、それぞれ体力増強に励みましょう!


コメント

まだ、若いのだから、頑張れぇー!
私も旅の合間は週一回のソフトボール試合に駆り出されて
います。この寒い中、朝8時半にグランド集合、グランド
整備、練習そして試合。12時解散。
不思議とまだ、球に反応しています。
砂漠を2000km爆走するより楽かな?

今年の軽井沢はとても、冷えこんでて、この時も
かなり寒かったでしょうね。

のんさん

それでもスキーと温泉を楽しむことができました。

winderさん

確かにまだ前期高齢者です。
1日1万歩を歩くだけでなく、もう少し系統的に体力づくりをする方がいいですね。やはりランニングとか水泳を始めようかと思っています(安上がりだから?)。他の友達からもハッパがかかったことだし。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.