トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

オーロラだ!

今日、2日(現地時間)も粉雪が舞っていた。
気温マイナス19度、空は星も見えなかったが午後9時のバスでオーロラビレッジに行った。
今日のツアーの終了時刻(午前1時)が近づいたので、午前0時45分、レンタルの3脚を返した。
直後、外が騒然としてきた。
外に出ると、湖の向こうの木々の上空にオーロラが現れた。あっという間にのびてこちらのテントを超え空いっぱいに広がった。そして頭上でカーテンがヒラヒラと躍った。
「あー、すごい!すごい!」感動の叫びがあちこちで起こった。
オーロラブレイク(爆発)といって最高度(レベル5)の出現で、30分以上続いていた。

「 闇の中を歩む民は、大いなる光を見
 死の陰の地に住む者の上に、光が輝いた。
 あなたは深い喜びと
   大きな楽しみをお与えになり
 人々は御前に喜び祝った。
 刈り入れの時を祝うように
 戦利品を分け合って楽しむように。」        イザヤ書9章1節


オーロラ2-A.jpg

オーロラビレッジの湖上ー1、オーロラの奥にオリオン星座が見える


オーロラ2-B.jpg

オーロラビレッジの湖上ー2

オーロラ2ーC.jpg

オーロラビレッジの湖上ー3

コメント

赤祖父先生が情熱を込めた研究されたオーロラは本当に不思議です。美しいを通り越してその魅力に取りつかれるのでしょうか?ラッキーでしたね。お土産話をききたいです。

hanyouさん
赤祖父先生をどうして知っているのですか?
私も今回の旅行前に先生のオーロラという本を手に入れてオーロラだけでなく、オーロラ撮影のカメラについても参考にしました。学んだことを現地で実際にやってみるのですが、なかなか現実的なアドバイスでとても役立ちました。
まあともかく6日のうち4回見れたのでラッキーでした。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.