トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

イエローナイフへ

今回の旅はHISのオーロラパッケージ旅行です。
各自それぞれ現地イエローナイフ空港集合、サバイバルゲームのようだ。成田からバンクーバー、カルガリー経由しイエローナイフです。バンクーバーでは国内線に乗り換えるのだが、搭乗口が変更となり、10分前に気がつきあぶなく乗り遅れるとこだった。
カルガリーでイエローナイフ行きの便を待っていると、30分遅れでやっとイエローナイフからの便が着き、乗客が降りて来た。乗客がロビーに入ってくるとみなクマさんみたいな恰好して「ひやー」と冷気も一緒にはいってきた。私達が代わりにその飛行機に乗ってイエローナイフに向かった。50人乗りぐらいの小さな飛行機が満席で、約2時間の夜間飛行。
やっと無事にイエローナイフ着、空港待合ロビーでツアー会社の出迎えを受け、ホテルへ。

ホテル到着後1時間で迎えが来て、町から車で30分ほどの郊外、オーロラビレッジへ行った。
いよいよ待望のオーロラ見物だ!
現地時間午後11時、空は快晴、今晩の外気温はマイナス31℃。満天の星、星のその奥にも星が重なっているようだ。しばらくすると、森の木々の上に白くたなびく雲のようなものが現れ、だんだんと湖の方へ広がっていった。まさに初めてみるオーロラだ!

残念ながら、寒さのためにカメラがなかなか思うように動かない。(日本でも、飛行機の中でも何回も練習したのに)しかたなく、今日は初日だからこの肉眼に納めようと決めた。
ホテルに帰ったのは午前3時。ながーい一日だった。

「主は彼を外に連れ出して言われた。『天を仰いで、星を数えることができるなら、数えてみるがよい。』そして言われた。『あなたの子孫はこのようになる。』」    
 創世記15章5節
(私達も今、数千年前アブラハムが見た同じ星を見ているのです)


イエローナイフ到着ロビー.jpg

イエローナイフ到着ロビーにて、白熊くんとアザラシちゃんのお出迎えを受け


テント前で.jpg

オーロラは写せなっかったがテント(TP)は何とか写せた

コメント

わーい!いいなー!!
別世界を満喫してください。

寒そうですが、行ってみたいですね!!
オーロラの下で素晴らしい大自然の景色を十分に楽しんでください。


おかげさまで、オーロラを十分満喫できました。
次の日の写真でこの感動を一緒に味わってください。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.