トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

冬に向かっての恒例行事

今年も冬の始まりの恒例行事、干し柿作りの時期が近づいた。
今年は干し柿作りを計画的にしたいと思い、ここ2-3年購入している農家に顔を出してみた。
農家のおばさんは「今年も暑かったし、大きな台風があったことで柿の収穫は思わしくない。ここのところ気温が下がらず朝も20℃もあり、やはりは干し柿は15℃以下にならないとね」と。
確か去年も15℃以下が良いと聞いた。
天気予報だと、週の半ばの26日から朝の気温が15℃以下になるとのことなので、28日朝に買いに来るけれどということでお願いした。(最近の天気予報はかなり良く当たるので)
確かに26日は朝15℃で、27日は12℃になった。念のため27日夕方の農家は行ってみたら予約の半分出来ていたのでもらって来た。
軒下に干し柿を吊るした風景も良いが、自家製干し柿(柔らかい)を作って食す、という贅沢を味わえることは幸せだ。
「柿が赤くなると医者は青くなる」という諺があっるように、柿は健康食品、特に干し柿は体に良い。
女性は柿を食べると便秘気味になるので食べたがらないが、干し柿なら食物繊維が柿の10倍にもなり便秘改善です。他にもコラーゲン生成に不可欠な栄養素を含んでおり、またカロテンによるがん抑制効果、カリウムによるナトリウム排出により血圧降下等があげられる。ただしカロリーも多いので1日一個程度がおすすめとのこと。
この冬も元気に過ごすために、干し柿を作ろう。

「人々は麦とぶどうを豊かに取り入れて喜びます。
 それにもまさる喜びを
 わたしの心にお与えください。」
              詩篇4章8節

渋い柿.jpg

農家のおばさんの柿の木、外気温12℃の朝の空


柿柿.jpg

吊るして干し柿にするので、枝をTの字型に残してくれている


今年の干し柿.jpg

ベランダの軒下につるした柿と、畑で採れた鷹の爪


柿干し.jpg

10日-2週間位干す、その後冷凍庫で保存するといつまでも柔らかく食べられる

コメント

美味しそうな干し柿! 食べられそうになったら、
また、写真を見せて下さい。
そして、鷹の爪、スーパーではなかなか売っていないので
来年はベランダで作ろうと・・・。
中華料理には欠かせない香辛料ですので。

今年は秋を通り越して、いきなりの冬、
お身体、ご自愛下さい。

winder さん

来年はぜひ家庭菜園で野菜を作ってください。
日本の食料自給率が上がります。
健康にも良く、医療費が低くなり国の財政にも良いと思います。ただ良く旅行する人にはタイマーによる自動散水機などを開発する必要があると思います。
お互い健康で楽しい毎日を過ごしたいものです。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.