トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

この夏の決心

8月は「命」の躍動する時です。子供達の夏休み行事、高校野球、夏祭り、花火大会等、感動することが多い。
これらを光とすれば、影は広島長崎の原爆慰霊祭、戦没者追悼式、御巣鷹山鎮魂式、今年は東日本大震災の慰霊が加わった。影の部分は「死」に関するものである。養老孟司の「死の壁」を引くまでもなく、死の確率は100%です。しかし私達はこの死ということにあまり正面から取り組まない。死後の世界がよくわからないからか。

「兄弟たち(クリスチャン)、既に眠りについた人たちについては、希望を持たないほかの人々のように嘆き悲しまないために、ぜひ次のことを知っておいてほしい。」と使徒パウロは言っている。
それは、イエスキリストが復活したように信じる者を復活させて下さると聖書は言っていることを。

私は今夏、死を少し積極的にとらえ「死から逆に生きたらどうだろう?」と考えた。
死は人間の地上での終着駅です。死後の世界には何も(財産、地位、名誉、等々)持っていくことはできない。もし死後も残るものが有るとするなら霊だけです。というわけで私は人生の終末期に向かってはこの霊が喜ぶ生き方をしたいと思う。


アルコールランプ-4.jpg

これは節電時に使う我が家の自作アルコールランプ
( Sheridann's coffee layerd liquer の空き瓶で作った)


自家製焙煎麦茶.jpg

10時のティータイムに、初夏に収穫した大麦を自家焙煎して作った麦茶を

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.