トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

大麦の収穫

麦秋の候です。
一般的に穀物の収穫は秋ですが、麦の収穫は初夏、梅雨入り前でこのように言われるそうです。

昨年秋に蒔いた麦(大麦)が収穫の時となった。
近所で大麦を作っている人はいないので珍しいらしく、何にするのですかと良く訊かれた。
①冬から春にかけての強い北風から野菜を守るための防風に役立った。
②春先の青いころは切り花で家に飾ってもらった。(小麦よりカッコ良い)
③肌色の穂と葉がサワーサワーと風に揺られる音は何とも心地良く、癒される。
④イチゴの赤い実(土につくと痛む)を乗せる敷ワラとして(イチゴ=straw berry)
そして、⑤最後は食卓にのせるのです。
しかしどのように食べるか?(実は食べ方を知らなかった)

それで少し調べてみた。
大麦と小麦の見分け方は、大麦(berley)は柔らかい肌色で、小麦(wheat)は日焼けした色。
大麦は麦茶、麦ごはん、ビール、麦芽糖(中国におられた隣人のTIさんの案)等に使われ、グルテンがないのでパン(小麦で)には出来ない。

収穫は麦の穂が熟し、良く乾燥した時に刈りいれるのです。それが初夏、梅雨入り前ということで、実はタイミングがかなり難しく農家でも猫の手も借りたい程忙しい一時だそうです。
昨日私も小さな農園の大麦を刈り取った。
昨日お茶の水の「聖書を読むかい」で農業の師匠KYさんから、今日が麦刈りにふさわしい日(過去2-3日乾燥していて明日から雨が多くなる)と聞き急いで帰宅し刈り入れを実行したのです。

さて、麦粒を食するのだが(米はJAの精米所で精米できる)、どのように脱穀するのか考える。
食卓にのせるまでには、まだかなりの工程があります。乞うご期待!


「あなたがたは、『刈り入れまでまだ四か月もある』と言っているではないか。わたしは言っておく。目を上げて畑を見るがよい。色づいて刈り入れを待っている。」
ヨハネによる福音書4章35節


麦の刈り入れ時.jpg

刈り入れを待っている大麦


田植え時.jpg

市役所わきでは田植えの準備です

コメント

道路予定地の場所に青々とした大麦がたくさん生えていました。その時誰が植えたのかしらと思いましたが昨年までは其処は畑でした。その時活けたら素敵だなあと思いました。同じように思う方がおられるのですね

デコさん

感性、美意識が似ているのでしょうか?
同じ思いの人がおられることを知りとても嬉しいです。勇気百倍です!

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.